語学学習で実は一番むずかしいけど大切なこと

こんにちは、ひろみです。

今日は語学の学習で一番むずかしくて、でも大事なことについてお話ししていきます。

 

 

わたしは英語がわりと得意で、10代の初めからずっと勉強してきました。

その中で一番大事だと思っているのが、教材選びです。

教材のレベルが自分に合っていて、興味を持てる内容であること。

 

まず語学の勉強を始めるときに、最初は基本的な生活に必要なことを勉強していきますよね。

最初は「こんにちは」、「元気ですか?」、「はじめまして」とか。

そういうことは誰でも言える必要があることなので、最初はそういうところから勉強していきます。

 

次に、日常的な話題。

食事をするときによく使う表現や、学校に行く、旅行に行くなどの場面で使われる表現を勉強します。

それも楽しいですよね。

自分が日常で使える表現をたくさん覚えられて、それらをどんどん使ってみることができるので。

だいたいレベルごとに教材が用意されているので、それに沿って自分に合っているものを初級、中級、上級と順番に勉強していけば、身についていきます。

 

その後はどんどん専門的なことを勉強していきます。

政治、医療、生物学、化学、社会学などなど、いろんな学問分野ついて。

それぞれ自分の興味のある分野に進んでいけばいい。

 

ところが、この段階になるとちょうどいい教材がなくなってくるんですよね。

自分の興味や専門分野に特化した英語の教材が見つからない。

その時が大きな壁になります。

 

このレベルになると、英語を読んだらだいたいどんなものでも理解できます。

文法や基本的な単語はわかっているので、あとは専門用語だけ調べれば読んで意味がわかる状態です。

あとはもうたくさん読んでできるだけ例に触れて語彙を増やしたり、その言語に特有の、英語なら英語的なセンスを磨く。

「こっちの方がより自然な表現だ」とか「おしゃれな表現だ」という感覚を磨いていく必要があるんですよね。

 

この段階に入ってくると、本当に自分のレベルに合っていて、なおかつ興味を持てるものを探せるかどうかが分かれ目になります。

わたしの場合、この段階になってあまり興味を持てるものを探せなかったので、語学の勉強はそこで終わってしまいました。

まだインターネットが普及していなかったことが大きかったですね。

 

何を読んでもわかるようになってくると、語学の勉強のために時間を使うのはもったいないという考えになります。

だから、何か他のことを勉強するために英語の本やウェブサイトを読んだりして、英語で情報収集するといった行動が重要になってきます。

 

高校の頃、週刊の英字新聞を読んでみたことがありました。

もうニュースの内容を知っているので、わざわざ英語で読むのがつまらなかったり、そもそも興味がないニュースだったりして、これはあまり続きませんでした。

 

あとは英語の小説も読んでみました。

小説でも自分が興味を持てる内容だと読み切れるんですけど、そうじゃないとすぐ苦痛です。

たとえば、ハリー・ポッターの本を人からもらって読んでみましたが、それは読み切れませんでした。

ハリー・ポッターの世界は映画で見たらすごくおもしろいんですけど、文章で読むのはわたしにはいまいちでした。

情景描写が多いんです。

魔法の世界を描写することにたくさんの文字数を割いていて、退屈してしまいました。

 

でも、「アルジャーノンに花束を」を読んだときにはすごく感情移入できて、最後まで楽しく読めました。

主人公の日記的な物語のつくりで、その主人公と一緒に体験して、感情が動く。

なので、物語に入り込みながら英語も読める。

 

つまり、ものによるんですよね。

自分が好きで楽しめるものをひたすら探すというのが、ずっと英語あるいは他の言語の学習を続けていける秘訣だと思います。

 

逆に、興味があれば自分の語学力ではちょっとむずかしいレベルのものでも調べながら読みたくなるとも思います。

なので、語学学習が続かない人は何とか自分の興味があるものを見つけられないか、ここに集中するのが大事です。

 

ということで、今回は語学学習で一番むずかしくて大切なことというテーマでお話ししました。

次回も違うテーマを選んでお話ししますので、ぜひ聴いてください。

ではまた。

大人デートにおすすめ!真っ暗な空間で味わう自家焙煎珈琲「カフェ鈴木」

 

大人デートにおすすめ!真っ暗な空間で味わう自家焙煎珈琲「カフェ鈴木」

 

小田急線本厚木駅から徒歩5分。

マンションの1階部分にその店はあります。

人に連れて行ってもらったのですが、 「ここだよ! 」と言われて見回してみても、何もありません。

「え?どこ?」

「ここ!」

そう、この真っ黒な壁がお店の外観だったのです。

 

front-cafe

気づくまでに2~3回通り過ぎる人もいるらしいです。

 

扉に近づくと、中からコーヒーの香りがもれてきます。

お店に入ると、中は真っ暗。

ジャズバーにでも入ったかのような雰囲気。

おしゃれなマスターと店員さんが迎えてくれます。

 

4メートルほどの長い一枚板のテーブルが向かい合って2つ並んでいます。

キャンドルのほのかな灯りが落ち着く。

ちょうど目の高さにバーが設置されているので、向かいのお客さんや店員さんの目線は気になりません。

BGMはないのですが、デート相手と隣に並んで、声を落として話せるので、親密度がアップしそう。

 

table-cafe

あの奥の大きなマシンでコーヒーを焙煎しているそうです。

 

メニューは厳選されていて、エスプレッソを使用したカプチーノ、マキアート、カフェラテ、ウィンナーコーヒーなどがあります。

コーヒーが苦手な人でも大丈夫。

クーベルチュールチョコレートを使用したホットチョコレートが用意されています。

 

中でも特徴的なのが、エスプレッソを使ったコーヒーゼリー。

なんと、賞味期限30秒!

淹れたばかりのエスプレッソが徐々に固まっていくので、30秒以内のまだ柔らかいゼリーの食感を楽しむのがおすすめなんだとか。

もちろん、期限を過ぎてしまってもおいしく食べられます。

 

価格は750~800円と、コーヒーとしては少し高めの設定ですが、お茶うけの自家製スイーツがついてきます。

このスイーツにもマスターのこだわりが詰まっているそうで、上品な甘さでコーヒーとのマッチングも最高。

食器も実は有名ブランドのアンティークだったりします。

 

cold-coffee

 

注文を受けてから、黄金に輝くマシンで豆を挽き、エスプレッソを入れてくれます。

このマシン、数百万円とかするんだろうな。

と、下世話な話はさておき、豆からエスプレッソが抽出される過程を見ているだけでも楽しいです。

 

espresso-machine

 

このカフェ、表参道や青山にあってもおかしくない。

そしたら、コーヒー1杯1,500円とかするんだろう。

 

余計な音や光を抑えた特別な空間で味わう本格コーヒーは格別です。

こんなセンスのいいカフェを知っているあなたの株も上がりますよ。

大人な2人のデートにぜひ。

 

【カフェ鈴木】

神奈川県厚木市本町3-5-6

ロックヒルズ1F

TEL:046-295-6280

営業時間: 14時~24時(火曜定休)

 

野菜の無料配布や動物とのふれあいも!東京農業大学の収穫祭にいってきた

 

新宿から小田急線で約50分。

神奈川県厚木市にある、東京農業大学厚木キャンパスの「収穫祭」に行ってきました。

 

学祭って大学生のためのものっていうイメージがあって、大学卒業以来一度もいったことなかったんですよね。

ところがどっこい、野菜の無料配布に動物とのふれあい、身近な食べものやペットに関する展示など、子どもからお年寄りまで楽しめる内容だったので、ご紹介します。

 

野菜の無料配布や動物とのふれあいも!東京農業大学の収穫祭にいってきた

 

本厚木駅からキャンパスまではバスで20分ほど。

収穫祭の開催日には増便があり、10分間隔で運行しているそうです。

わたしたちの前には30人くらい並んでいましたが、わりとすぐに乗れました。

 

そしてキャンパスに到着。

高台にあり眺めがいい。

小春日和のいい陽気。

view

下の畑では芋堀り体験をしていました。

 

さあ、まずは学食で腹ごしらえ。

canteen

昼過ぎには満席近いにぎわいです。

初めて来たけど、どこかなつかしい雰囲気。

近隣にお住まいなのか、意外とお年寄りや家族づれが多いことにビックリ。

学生にとっては日常でも、普段行く機会のない人にとっては、非日常のわくわく体験ですよね。

 

学食で食べたのは、400円でボリューム充分な中華丼。

味もおいしい。

大学でとれたお米を使っているんだとか。

chinese-bowl

 

 

畜産系の学科では、「家畜苑」というミニ動物園のような展示をしていて、牛やヤギ、豚、鶏などを見たり触れたりすることができます。

子どもたちに大人気。

 

他にも、植物療法の学科がハーブティーの試飲やアロマスプレーの作成体験をしていたり、園芸部がドライフラワーを販売していたり。

おもしろい企画がいっぱいです。

体験イベントは人数に限りがあるので、整理券を配布しているところが多いです。

朝早めに行って、気になる企画の整理券をもらってから回るのがおすすめ。

 

中でも特に人気なのが、野菜の無料配布。

農大でとれた新鮮野菜の詰め合わせが、なんと無料でもらえてしまう!

ただし、それなりに並びます。

何度か前を通ってみた限りでは、列には数十組の人がいて、先頭の人は数十分は待っていましたね。

 

もちろん、文化系や学術系の展示も。

様々な穀物をつかってオブジェを製作していたり。

crops

 

めずらしい品種の穀物の展示があったり。

corns

 

出店も「鹿肉のタコス」など、農業大学ならではの工夫をこらしたお店が。

shops

 

おみやげには、東京農業大学ブランドの食品がうってつけ。

サブレや羊羹、チーズケーキなどのお菓子のほか、カムカムドリンク、はちみつ、ジャム、ドレッシングなんかもありました。

 

じっくりと各学科の展示を見て回れば、身近な植物や動物、食品の加工などについても学ぶことができそうです。

半日でも、動物や自然にいやされてリフレッシュできるお出かけでしたよ。

 

二人暮らしのダイニングに!木のぬくもりと清潔感の白 北欧風テーブルセット

今回、新しく買ったニトリの二人用ダイニングテーブル

&チェアがかなりお気に入りなので、惜しい点も含めて

レビューします。

二人暮らしのダイニングに!木のぬくもりと清潔感の白 北欧風テーブルセット

table-chair-1

どんな利用シーンと用途に向いてる?

二人暮らしのダイニングキッチンに置くために

購入しました。

 

主な用途はこの3つです。

・二人でごはんを食べるための食卓

・料理する時の作業台

・ちょっとした書き物をしたり、一時的にものを置く

作業スペース

 

なので、友達を呼んでパーティーをしたり、子どもと

三人で食事をするような場面は想定していません。

この商品に決めたポイントは?

まず、私たちは「高級感」や「おしゃれ」よりも

できるだけ「低価格」で「機能的」、「シンプル」な

ものを探していました。

 

探せばもっと安いものもあるかもしれませんが、

すぐに壊れたり、ガタついたり、高すぎる・低すぎるなど

使い勝手が悪いものでは、使い続けるうちにストレスに

なってしまいます。

 

ということで、「安くていいもの」といえばここ!

信頼のニトリさんで探すことにしました。

 

この商品に決めたポイントはこちらです。

・テーブルとチェアのセットでお値段約15,000円

(税別・筆者購入時)とお手頃なわりに、安っぽくなく

作りがしっかりしている。

・6畳のダイニングキッチンに冷蔵庫などの家電とともに

置いても邪魔にならないコンパクトなサイズ。

・ナチュラルな木と清潔感のある白のシンプルなデザイン。

table-chair-2

実際に使ってみた感想

実際に使いはじめて2週間ほどですが、使い勝手が

とても良くて満足しています。

 

シンプルなデザインで主張し過ぎないのが好きなところ。

木のぬくもり感で落ち着きます。

そしてさりげなく料理を引き立ててくれます。

 

イスとテーブルの高さのバランスも高すぎず低すぎず

ちょうどいい感じで、ぐらつきもありません。

調理の作業台としては少し低いですが、それがメインの

用途ではないので大して気になりません。

 

テーブルも二人分の食事を置くのにちょうどよい広さ。

天板はマットな質感なので、触った感じもすべすべして

心地よいです。

つやつや過ぎないので、今後傷がついても気になりにくい

のかなと思います。

組み立てはむずかしくない?

組み立て式の商品なので、部品が梱包されて送られて

きます。

発泡スチロールのクッション材などでしっかりと保護

されているので、ごみが多少出るのと、開梱の手間は

ありますが、その分傷や破損の心配はありません。

 

組み立てに必要な工具は入っているので、別途ドライバー

などを用意する必要はありません。

ちゃんと考えられていますよね。

 

組み立ては二人で行ったので、一人が押さえてもう一人が

金具を締める、という具合に作業できたので割と簡単でした。

イスは部品の数が多かったので一脚20~30分ほど

かかりましたが、テーブルは4本の足を天板に

取り付けるだけだったので15分ほどで完成しました。

 

イスの方は二本だけ穴のないところにねじを回し込む

箇所があり、そこは女性一人でやるのは難しいと

感じました。

気になるところはある?

イスの座面はクッション性のない板なので、長時間

座って作業するとお尻が痛くなります。

食事するだけなら問題ないくらいです。

ただ、冬には冷たいので、イスに結び付けるタイプの

クッションを使う予定です。

 

我が家のダイニングはクッションフロアという弾力のある

素材の床なので問題ありませんが、フローリングの場合は

イスを引きずると傷がつくかもしれないので、イスの脚に

保護材をつけてあげるとよいかと思います。

chair-1

 

素人でも簡単に組み立てられるように設計してあるので、

金具が外に出ているのが気になる人もいるかもしれませんね。

table-2

 

また、テーブルの脚は少し横の圧力に弱いかもしれません。

脚の上方が天板と噛み合うように削られているのと、

それをボルトで固定するだけだからです。

 

初めボルトの締め具合が弱かったようで、引きずって

移動したら足が5度くらい傾いてしまい、「ひーっ!」と

なりましたが、壊れたわけではなく一安心。

きつく締め直したらそこまで動かなくなりました。

table-1

 

まとめ

シンプルで飽きのこないデザインと耐久性、使い勝手の

よさなど、総合的にみてコスパがかなり良く、

おすすめの商品です。

 

家具は長く使うものなので、すごくいいところがある

ことより、不満なところがないことの方が大切だったり

しますよね。

これから長いお付き合いになりそうです。