アメリカ・ホワイトサンズ国定公園 真っ白な砂の芸術世界を写真で紹介

ホワイトサンズのことを初めて知ったのは、世界一周の

旅に出る4年ほど前のこと。

世界の絶景を集めた本で紹介されていました。

どこまでも続く真っ白な砂の砂漠と真っ青な空の

コントラスト。

絶妙な風によって描かれた砂の上の美しい模様。

この世界をどうしても見てみたかった。

white-sands-1

 

その年、会社の夏休みを土日につなげて9日間の休みにし、

アメリカ南西部へ渡りました。

 

アメリカ南西部には、他にもモニュメントバレーや

アンテロープキャニオン、ホースシューベンドなど

ホワイトサンズと同じくらい魅力的な場所がいくつも

あります。

車の運転ができないため、バスツアーを探したのですが、

それらすべての場所を網羅するものは見つからず、

取捨選択するしかありませんでした。

ツアーに含まれていない場所だけ個別に訪れるのも

日程的に無理でした。

 

泣く泣くホワイトサンズはあきらめたけれど、

そこだけ行けなかったというのがずっと心残りでした。

そこで、今回その思いを果たすために、

もう一度あの場所へ戻ることにしました。

真っ白な砂と真っ青な空の芸術世界へ

ホワイトサンズに行くのがむずかしい理由

今回、アメリカ本土での目的地はホワイトサンズ

一ヶ所のみ。

ホワイトサンズはアメリカ最南部の東西で言うと

真ん中の辺りに位置しています。

近くには大都市がありません。

 

ホワイトサンズ国定公園の公式サイトや旅行関連の

ウェブサイトで行き方を入念に調べたものの、

最も近い街から60km離れており、そこへ向かう

バスはありません。

またワンデイツアーもないため、レンタカーか

タクシーで行くしかないのです。

 

ちなみにホワイトサンズを含む数日間のバスツアーは

存在しますが、催行が年に数回しかなかったりします。

最短4日間のツアーはありましたが、目的地が

ホワイトサンズのみの私には、金額的にも時間的にも

まったく割に合いません。

 

というわけで、ロサンゼルスからバスで片道17時間

かけて近くのラスクルーセスという小さな町へ向かい、

そこからタクシーで行くことにしました。

予算的に余裕のある方は、エルパソという町まで

飛行機で行って、そこから車で行くのがおすすめですよ。

ロサンゼルスからグレイハウンドバスでラスクルーセスへ

空港からグレイハウンドのバス乗り場まで、

結構な距離がある。

路線バスで行く方法はないかと尋ねたら、路線バスは

危険だから乗ってはいけないと言われた。

利害関係のある人でもないから、本当なのだろう。

ロサンゼルスというのはそういう街なのだ。

 

グレイハウンドは全米をつなぐ長距離バス網を持っていて、

低価格で提供してくれる低所得者や若者の味方だ。

バス乗り場でも厳重なチケットチェックと持ち物検査をして

安全を確保している。

だけど、目撃してしまった。

バスを待っている男が人目を盗んで近くの席に置かれている

袋を開けて中を確認し、何食わぬ顔で戻したのを。

あわよくば盗もうとする人はたくさんいそうだ。

17時間の夜行バスの旅、気を引き締めて行こう。

 

道すがら、並走する線路を走る貨物列車を撮影。

train-usa

 

ラスクルーセスからタクシーでホワイトサンズへ

ラスクルーセスではairbnbで予約した家に泊まった。

裕福そうなおじいさんが家族ではないような不思議な

若い男性と二人で住んでいたけど、それ以上深入り

しなかった。

 

小さいながら高級ホテルのような素晴らしい設備の家で、

こんな暮らしをしている人もいるんだなあ、と

図らずも迷い込んだ異世界を楽しんだ。

 

翌日、電話で予約しておいたタクシーが家の前に到着。

運転席の男性ドライバーの他に、助手席には謎の女性が。

たまたま同じ時間に依頼が入ったから、途中まで一緒に

乗せていくのかな、と思っていた。

話を聞いていくと、なんと彼女はドライバーの妻だった。

日本でそんな話聞いたことない。

自由の国、アメリカ。

 

結局、ラスクルーセスからホワイトサンズまでは

約140ドル(当時の為替レートで約16,000円)かかった。

往復32,000円。

帰りのドライバーはそんなにお金をかけてここに来る

意味がわからないと言った。

そりゃそうだ。

私にだってわからない。

 

代金はクレジットカードで支払ったのだけど、

ホワイトサンズはだだっ広い大地のど真ん中。

電波がなくて決済が完了しないので、一旦タクシーで

公園内の駐車場から5分かけて入り口まで戻り、

決済してからまた5分かけて駐車場まで連れて行って

もらうという珍事もあった。

いよいよホワイトサンズ国定公園内を歩く

からっからの砂漠なので、強い日差しも心地よい。

でも水分だけはしっかり摂らなくては。

 

公園内はほとんど日陰がない過酷な環境。

売店も入り口の一ヶ所しかない。

みんな車で公園内を回るので、徒歩で回る人なんて

想定していないのだ。

なにせ入り口から車で入れるルートの端まで16kmも

あるんだから。

無心になってカメラのシャッターを切る至高の時間

乾いた大地に力強く咲く花たち。

white-sands-3

どこまでも続く白の砂漠。white-sands-4

 

風が砂の上に描き出す模様。

white-sands-5

日差しのつくりだす陰影。white-sands-6

雪崩のような不思議なかたち。white-sands-7

アリが掘り出したのだろうか。white-sands-8

青のグラデーションと白の弧。white-sands-9

スタジオ撮影したみたいだ。white-sands-10

木の枝の影すら美しく映る。white-sands-11

 

白い砂でもアリ塚はできる。white-sands-13

帰りのバスが8時間遅れて危うく飛行機を逃す

バス乗り場で出会ったかわいいおばあちゃん。

elderly-las-cruses

 

予約していた直行のバスが大幅に遅れるというので、

グレイハウンドのバス停を兼ねた売店のおばちゃんが

電話で調整してくれて、他のルートでバスを乗り継いで

行くことになった。

まず近くのエルパソに着いて、1時間ほど待ってバスを

乗り継ぎ、翌朝フェニックスへ到着。

 

そこで乗り継ぐはずのバスが待てど暮らせど来ず、

何度も窓口で確認する。

みんな苛立っている。

そして4時間遅れで到着。

もう連れてってさえくれれば何でもいい。

 

ところが、そのバスも渋滞にはまり、いつになったら

着くやら皆目見当がつかない。

バスにwi-fiがついているけど、そもそもほとんどの時間

電波がないところを走っているので役に立たない。

 

私はロサンゼルスで空港に向かい、メキシコシティへ

飛ぶ予定だった。

元の予定ではバスでロスに着いてから8.5時間以内に

空港へ着けばよかったが、このまま行くと間に合わない

かもしれない。

さすがに不安になってきた。

 

そして、予定より8時間遅れでようやくロサンゼルスに到着。

そこから空港へのシャトルバスもグルグルと街中を回って

乗客をピックアップして行ったので、本当に飛行機を

逃してしまう!と気が気ではなかった。

flight-la

アメリカ・オアフ島 ワイキキ1.5日弾丸の旅を写真で紹介

ハワイ島コナから1時間のフライトでオアフ島ホノルルへ到着。

意外と遠い。

フライトの間、「右に見えてきたのがカイラニ島です」などと

時折アナウンスが流れて、遊覧飛行のようです。

真っ青な海と空の美しいこと。

flight-hawaii

 

ワイキキ1.5日弾丸の旅

ホノルルでの滞在場所はワイキキ一択

ホノルルに立ち寄る主な目的はロサンゼルスに飛ぶため。

滞在時間1.5日で有名どころを回ります。

ということで、宿の場所はワイキキの真ん中、

一泊3,700円ほどのホステル。

ハワイ島ほどではないものの、低予算の世界一周

旅行者には高めです。

 

空港からワイキキまで路線バスで行くことができるので

安くて便利です。

ただ、タクシーなら20分ほどで到着するのですが、

バスは本数が少ないく結構待つのと、時間も1時間ほど

かかります。

自分の降りる場所を逃すまいと気を張っていたので、

非常に長く感じました。

光と影の入り混じるワイキキリゾート

ようやく自分の降りるバス停に到着。

想像より多くの高層ホテルが立ち並び、大きな街です。

空の開けたハワイ島とは印象が違います。

 

ホステルまでの道には昼でも浮浪者のような人がいて

少し不安に。

周りを警戒しながら歩きます。

ホステルの近くにいるはずなのに、それとは

わからないような見た目になっていて、

何度も前を通り過ぎてやっと見つけました。

入り口は鉄格子とドアの二重ロック。

この辺、もしやかなり危険なのでは?

 

宿に荷物を置いて早速街を歩いてみると、華やかな

高級ホテルが立ち並び、大通りやビーチには

休暇を楽しむ観光客があふれる南国リゾート。

テレビなどでよく目にする光景です。

waikiki-beach

 

世界中、都会や観光地はどこもそうですが、浮かれる観光客と

家もなくごみを集めて暮らす人々のコントラストに複雑な気分。

 

レストランはどこも観光客向けで手が出ないので、

バーガーキングやスーパーの食材で凌ぐことに。

唯一紹介できるのは照り焼きチキンサラダ。

teriyaki-chicken

ダイアモンドヘッドに残る戦争の記憶

ワイキキからダイアモンドヘッドの入り口までバスで

行くこともできますが、せっかくなので歩くことに

しました。

 

途中のカピオラニ公園で大きなガジュマルの木に触れ、

流れる時に思いをはせたり。

banyan-kapiolani

 

ダイアモンドヘッドが遠くに見えてから結構歩きます。

diamond-head-distant

 

閑静な住宅街を抜け、昼食を仕入れたり石碑を読んだり

しながら、1時間前後で入り口に到着。

diamond-head-sign

 

東京の高尾山のような感じで、頂上までの道が

しっかり整備されているので、スニーカーで気軽に登れます。

また、売店や休憩用のテーブルとベンチもあります。

 

ハイキングコースは狭いので、多くの人で混み合い、

道を譲りあいながら進みます。

所々に見晴らしのいいポイントがあるので、

疲れを癒しながら頂上を目指します。

view-diamond-head

 

急な階段を昇ると、そこには昔の要塞が。

stairs-diamond-head

fort-diamond-head

 

日本の真珠湾攻撃に関する説明もあり、居たたまれない

気持ちに。

ここから敵の襲来を警戒していたそうです。

こんな美しいところで戦いがあったとは、

想像つきません。

danger-diamon-head

keep-out-diamond-head

 

頂上から見える海の眺めは最高。

登った甲斐があるというものです。

ocean-honolulu

 

撮影スポットの取り合いなので、早々に退散して下山。

夕暮れ時にはもっとすごそう。

 

ワイキキビーチ周辺とダイアモンドヘッドに絞れば、

一日で十分楽しむことができました。

アメリカ・ハワイ島 地球の息吹を感じる場所を写真で紹介

世界一周の旅、最初の目的地はアメリカのハワイです。

以前は「ハワイ」と聞くと、ミーハーの人や海外慣れ

していない人が行く場所という勝手なイメージがあり、

正直あまり興味が湧きませんでした。

それでも、こんなに多くの人が何度も訪れるのには

きっと何か理由があるはず。

それを確認するために、一度行ってみることに

しました。

ハワイ島は地球の息吹を感じる場所

ハワイのどの島に行く?

ハワイにはいくつもの島があるのですが、有名なのは

ハワイ島、オアフ島、カウアイ島でしょうか。

調べてみると、それぞれに独自の見どころがあり、

どれも捨てがたくて迷います。

 

でも、なにせ島々の間を移動するのに費用と時間が

かかるので、いくつも寄るわけにいきません。

そこで今回の世界一周では、ハワイ島とオアフ島に

絞ることにしました。

flowers-big-island

 

ハワイ島には何があるの?

ハワイ島はキラウエアとマウナケアという二つの火山が

有名です。

私が訪れたのは2017年10月。

キラウェア火山はまだ噴火していなかったのですが、

その約半年後に噴火が始まったようですね。

マウナケアには各国が天体観測所を設けるくらい、

星空が有名です。

 

島にはもちろん美しいビーチやダイビングスポットも

多く、珍しい木や鳥の生息する熱帯雨林もあります。

自然を満喫したい人にはおすすめの場所です。

また、オアフ島に比べて観光客が少なく、のんびりと

リラックスした印象でした。

私は3泊の滞在でしたが、じっくり楽しみたいなら

一週間くらいいてもよさそうです。

beach-kona

 

ハワイ島ではどこに泊まる?

ハワイ島には東側のヒロと西側のコナという二つの

空港があり、その周辺が主な滞在場所となります。

また、ワイコロアには高級ホテルが集まっているよう

でした。

 

だいたいの火山ツアーやダイビングツアーはヒロ発、

コナ発を選べるようになっているのですが、

逆にツアーを利用せず公共の交通機関で移動するのは

ほぼ無理なようです。

レンタカーを借りて回ることもできるのですが、

ツアーで会ったカップルは山道に迷って目的地に

たどり着くのに苦労したと言っていました。

 

私が滞在したのは西側のコナでしたが、歩いて

行けるところに美しい夕日の見える海岸があり、

観光客向けのおしゃれなレストランも充実していました。

sunset-kona

 

世界有数の観光スポットの洗礼を受ける

コナ空港に着いてみると、思いのほか小さい。

ホノルルと違い、田舎ののんびり感があります。

コナの街へ行くバスはないかと聞いたのですが、

そんなものはありません。

泣く泣くタクシーで宿へ向かいます。

 

タクシーのドライバーはフィリピンからの移民で、

彼の身の上話など聞きながらの移動となりました。

彼はなんとアメリカの永住権を取得するために20年も

申請を続けたそうです。

そこまでしても、祖国より生活水準の高いアメリカでの

暮らしを手に入れたかった。

だから今は家族も呼び寄せて、ハワイで幸せに暮らして

いるそうです。

 

それでも、ハワイ島が好きで毎年やってくる観光客が

いるのは不思議だと言います。

自分なら同じ場所に何度も行くより、行ったことのない

場所へ行ってみたい。

私も同意見。

 

そんなこんなで、予約していた宿に到着。

先進国アメリカの、しかも世界中から観光客を惹きつける

ハワイに来ているので当然なのですが、私のように

低予算で多くの場所を旅したい人にはなかなか厳しい

場所でした。

 

airbnbでも一泊6000円、近くのスーパーまで歩いて

20分かかり、スーパーなのに外食並みの値段です。

もちろん、ツアーやアクティビティも相応の値段です。

 

旅の最初で予算感がわからなかったので行けましたが、

旅の最後なら絶対に断念していました。

ハワイ島の魅力満載!夕焼け火山ツアー

気を取り直して、キラウエア火山とハワイ島の

美しい自然をめぐる夕焼け火山ツアーに参加しました。

 

朝、宿の近くでピックアップ。

知らなかったのですが、島を半周して参加者を

ピックアップしていくので、最初の見どころに着くのは

なんと午後になってから。

 

やっと最初のスポット、レインボー滝に到着。

すでに昼過ぎなので日差しが強くて蒸し暑いです。

その名の通り、よく虹がかかるそうです。

rainbow-waterfall

 

そのすぐ横にあるガジュマルの木。

枝や根がものすごく広く伸び続けるそうで、

「大きいものは4km先まで根が伸びるよ」

と先住民の子孫であるガイドさん。

banyan-big-island

 

ツアー中、バンの中ではハワイの音楽が流れ、

ガイドさんがハワイの歴史やハワイ語のあいさつなどを

教えてくれます。

 

お次はウミガメが立ち寄るという黒砂海岸。

black-sand-beach

 

海岸からキラウエア山へと続くチェーン・オブ・

クレーターズ・ロードをドライブ。

断崖絶壁に激しくぶつかり、白波を立てる青い海。

coast-big-island

 

溶岩大地から太平洋を見下ろす素晴らしい眺め。

実はものすごい強風で、まっすぐ立つのもやっと。

ブレずに写真を撮るのがむずかしい。

lava-field

 

溶岩大地を歩いていると立ち入り禁止のフェンスが

設置してありました。

そこにはこんな注意書き。

「火山ガスは人体に有害であり、命を危険にさらす恐れが

あります」

caution-big-island

そして、いよいよツアーのメイン、キラウエア山にある

ハワイ火山国立公園に到着。

サーストン溶岩洞周辺の短いコースをハイキング。

thurston-lava-tube

 

次にイキ見晴台から大きなクレーターを見学。

写真では大きさが伝わりづらいですが、直径数百メートル。

噴火の威力を感じます。

iki-lookout

 

スチームベント(火山内部からの蒸気の噴出口)では

火山内部の熱気を少しだけ体感。

目が痛くなるので、あまり近づけません。

steam-vents

 

少し早めの夕食は山小屋レストランのビュッフェ。

地元の人も通う人気のお店のようで、味もよかったです。

dinner-kilauea

 

そして日は暮れていき。

twilight-maunakea

 

夜にはハレマウマウ・クレーターのマグマの赤い光を

遠くから見学。

望遠レンズも三脚もなく、これが限界。

lava-maunakea

 

常夏のハワイと言えど夜は意外と涼しく、

標高1,000m超の山の上なのでめちゃくちゃ寒いです。

そして、ジャガーミュージアムで火山について理解を

深めて、ツアーは終了です。

 

ハワイ火山国立公園はキラウエア山の噴火後、

2018年9月に再開したようですが、その一部は

現在も入れないようです。

熱帯の海で3mのサメに遭遇

ハワイ島ではナイトダイブでエイの群れを見るツアーが

人気です。

私はライセンスを取ってから初めてのダイビングで

不安があったのと、予算の都合もあり昼間のツアーに

しました。

 

ハワイ島のダイビングスポットを調べて、特に

「ケアラケクア」と「ホナウナウ」に行ってみたいと

思ったのですが、ダイブショップのプランを調べても

どこでダイブするかは書かれていないことが多いです。

問い合わせてみると、その日の海の状態を見て

いくつかのスポットから最適なところを選んでいる

そうです。

 

私がダイビングした時には、美しい珊瑚や熱帯魚に加え、

タイガーシャークを見ることができました。

水中カメラを持っていなかったのが残念。

映画のイメージとは違い、熱帯の海にはおいしい

食べものがいっぱいあるので、人間は滅多に襲わない

そうです。

 

さすがにハワイなのでどこのダイブショップを選んでも

安全管理やツアーの運行、ダイビングの内容には

問題がなく、プライベートツアーでもなければ

大差なさそうでした。

ハワイは大地の生まれる場所

ハワイ島では火山の噴火でマグマが噴出し、

溶岩が今もなお新しい大地を作り続けています。

その様子を自分の目と耳と肌で感じて、地球の息吹を

感じることができました。