外交的な用事と内向的な作業は同じ日にできない

romi-radi

こんにちは、ひろみです。

今回は内向的な作業と外交的な用事は同じ日にできないというお話をしたいと思います。

 

 

わたしは自分の外側、つまり他の人とのコミュニケーションを取ることと、自分の内側とコミュニケーションを取ることがすぐに切り替えられないように感じます。

ASD(自閉症スペクトラム)を持っているので、それが大きく影響してると思われます。

 

外に出て人と交流する予定があると、自分の外とコミュニケーションを取るモードになります。

交流といってもパーティーや会議だけではなく、役所に行くなどの単純なことでもそうです。

神経が高ぶっているような感じになるので、外に出る日はまとめていろんな用事を済ませることができます。

その代わり、家に帰ってからブログの記事を書いたり、動画を撮るなどの作業をしようとしても、うまく頭や気持ちを切り替えられないんです。

時間はあっても仕事はできない。

出かけると頭が痛くなったりするので、それで考えられなくなるという理由もあります。

かといって、諦めて休もうとしても神経が高ぶっているのですぐに休めません。

 

それから、これはどういうメカニズムなのかわかりませんが、外からいろんな刺激を受けると、「あれもしなきゃ」「これもしなきゃ」という気持ちになり、いつもより買い物してしまったりもします。

人から見られたり、人から新しい価値観をもらってくることで、自分の中でこうしなきゃという衝動や切迫感のようなものが生まれるようです。

心がオープンになるというのもあるんでしょうね。

 

逆に外に出ない日は落ち着いて自分の内面と対話できる感覚があります。

書き物をしたり、こういう動画を撮ったりはしやすい。

その代わり、頭の中で考えるモードになるので電話するなどのちょっとした外向きの用事ができなくなります。

それで電話する用事を何週間も後回しにしたり、メッセージが来てもすぐに返信が思いつかないので返せなくなります。

 

同じ日に出かけて、帰ってきたら書き物などの作業をするという予定を立てていると、大体うまくいきません。

順番を逆にして、家で何か作業をしてそれから出かけるというのも失敗します。

なので、出かける予定をまとめてやる日とまったく出かけない日を分けて予定を立てることで、今はなんとかできるようになってきています。

 

会社に行く人はなかなか自分の裁量で「今日は出かける日」「今日は社内で仕事する日だから電話も受けないし、人からも話しかけられないようにする」と完全に分けるのはむずかしいかもしれません。

でも、もしできるのであればお客さんを訪問する日はまとめるなどして予定を組むと仕事がよりスムーズに進むのではないかと思います。

 

というわけで、今日は自分の外側とのコミュニケーションと内側とのコミュニケーションがうまくできないというお話をしました。

また次回もテーマを決めてお話ししますので、ぜひ聴いてください。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です