アスペルガーのわたしが大人になるまで気づかなかった人間社会の重要な法則

sns-image

社会人2年目のころ、休日に会社の先輩と夏のイベントに行ったときのこと。

記念に一緒に写真を撮ろうという話になりました。

浴衣を着ていたので、せっかくなら自撮りじゃなく誰かにお願いして全身を写してもらいたい。

キョロキョロして頼めそうな人がいないか探すものの、なかなか適当な人を見つけられないわたし。

すると、先輩が男女数人のグループに声をかけました。

 

アスペルガーのわたしが大人になるまで気づかなかった人間社会の重要な法則

 

「撮りましょうか?」

カメラを構えていた人はありがたがって先輩にカメラを渡し、グループに加わって全員で写真に収まりました。

そして、

「あ、撮りましょうか?」

と申し出てくれ、先輩とわたしは頼んでもいないのに写真を撮ってもらうことができたのです。

 

その技の鮮やかさに唖然としました。

「そんな方法考えたこともなかったです。」

「本当?こんなの常識だよ。」

 

人に頼るのが苦手だった大学時代

高校時代までは、学校の勉強はぜんぶ一人でできてしまいます。

小学校、中学校のころから、友達にノートを借りたり、試験勉強をする気が起きないから一緒に勉強しようと誘ってみたりして、他人の力を借りるのがうまい人はいるでしょう。

ですが、わたしは勉強が好きで自分でやりたいというこだわりが強かったので、友達の力を借りる必要性を感じたことがありませんでした。

また、中学、高校と仲のいい友達が一人もできず、小学校からの友達ともクラスや学校が違ったりして、いつも一人でいたので、そもそも頼れそうな人もいませんでした。

 

しかし、大学時代の後半になると、まじめに講義を受けて勉強しているだけではできないことが増えてきます。

わたしの所属していたゼミでは、講師が教えてくれるわけではなく、学生が持ち回りでテキストの担当範囲を自分で読んで理解し、発表するという進め方でした。

その内容は、わたしにはむずかしすぎてどうしても理解できないものでした。

 

そういう場合、自分の担当範囲の発表をするためには、ゼミのメンバーに自分から連絡して助けてもらう必要があります。

ですが、わたしには自分でやるという選択肢しかなかったので、よく理解しないまま発表日が来てしまい、毎回説明できず四苦八苦するはめになりました。

さらに、前の内容を理解しなければ次の内容が理解できない積み上げ式の学問だったので、自分の担当範囲でなくても、発表者の人にお願いして教えてもらったりして、順番に理解して行く必要がありました。

それも聞きづらくてしていなかったので、どんどんわからなくなっていきました。

 

面倒見のいい講師や先輩がフォローしてくれ、よく理解しているメンバーから時間を取って教えてもらえるようにお膳立てしてくれたこともありました。

ですが、他のメンバーとはゼミで顔を合わせるだけで個人的な関係を築けていなかったので、いざ教えてもらう段になってもどのように聞いたらいいかわかりません。

わからない点がいくつかあるというのではなく、基礎的なところから理解していないので、付きっきりで一から教えてもらわなければダメなのです。

結局、いくつか質問して、わかったようなわからないような感じで終わりました。

 

会社の仕事も一人でやろうとしてしまう

就職してからは、大学の専攻と違う分野を選んだこともあり、仕事がなかなかできるようになりませんでした。

まじめにがんばってはいましたが、受け持った仕事の期限直前になってから間に合わないと申告したり、期日になってからまだできていないと言って、先輩に怒られることがしょっちゅうでした。

大学時代と同じで、わからないところを質問すれば進められるレベルではなく、全体的にわからなかったのです。

 

仕事に行くだけで疲れきっていて、就業時間外に勉強できなかったことも一因ではあります。

ですが、上司や先輩、同期の仲間とうまく関係を築ける人であれば、割り振りを少なくしてもらう、何度も相談する、勉強に付きあってもらうなど何かしら調整できたはずです。

ところが、わたしにはどこまで自分の力でやるべきなのか、期限までに仕事を終わらせるために他人の力をどう活用すればいいのか、わかりませんでした。

 

人に何かしてほしかったら、自分から何かしてあげる

大学時代や就職したてのころのわたしが知らなかったのは、「人に何かしてほしかったら、自分から何かしてあげる」という法則です。

言い換えるなら、自分がいつも周りの人をよろこばせていれば、自分が必要なときに助けてもらえるということです。

 

大学時代のわたしには、なぜ他の人たちが頻繁に集まって飲んだり遊んだりするのかがわかりませんでした。

自分はそういうことが楽しくなかったし、その分勉強ややりたいことをする時間が減るので、時間がむだになると思っていました。

友人どうしで遊ぶ人たちはそれが楽しいからやっているだけかもしれませんが、そうしてよろこびを与え合うことで助け合える関係を築いているのです。

 

会社で仕事をする場合でも同じです。

自分が与えられた仕事だけを自力でやろうとするのではうまくいきません。

人の能力には偏りがあります。

そこで、上司や先輩の仕事の中で自分ができることを代わりにやる。

あるいは自分にできる仕事がなくても、会話で楽しませるとか、すごいところを称賛する、お酒好きな人なら飲みに誘うなどできることはあります。

そうして信頼や親しみを持ってもらうことで、自分も仕事を教えてもらったり、力になってもらえるのです。

 

これがアスペルガーのわたしがずいぶん後になってから気づいた社会の重要な法則です。

気づいたからといってすぐに実践できるわけではありませんが、少しずつ周りの人のやり方を観察し、真似することで身につけています。

もし、あなたも同じように困っているなら、一緒に乗り越えていきましょう。

「アスペルガーのわたしが大人になるまで気づかなかった人間社会の重要な法則」への6件のフィードバック

  1. romiさん、こんばんは
    色々苦労されたんですね。でも、若い内に気がついて良かったですね。
    そういえば就職した頃、先輩に何か訊く時は「すみません」という態度ではなくて、何というか、親しみを込めた言い方で寄って行くように言われた事があります。
    それがうまくできなくて、私も苦労しました。他にも色々言われましたが、何かピンと来ませんでした。
    もっと早く対処していたら、今色々と違っていたかもしれません。

    romiさんたちが、より生きやすくなりますように。

  2. はじめまして。
    YouTube、Twitter、こちらのブログをみさせていただいてます。
    今回の記事とは関係なくて申し訳ないのですが…。
    ひろみさんの動画を見て、去年の7月頃勇気を出して相談機関へ行き、精神科へ行き、心理検査を受ける事ができました。
    とても感謝しています。ありがとうございます。
    結果は、自閉症スペクトラム傾向、コミュニケーション障害、うつ傾向、みたいなはっきりとした感じの症状ではなかったです。
    今、困っていることがあるのですが、ひろみさんはどうされているのだろう?と思いお伺いしたいのですが、このブログのコメント欄で質問してよろしいのか、私はTwitter等はやっていないので、ここに書かせていただきました。
    質問したいことの概略は、精神科や薬との関わり方、生活するための収入についてです。
    私はひろみさんより一回り年上で、既婚で、子供はいません。女性です。
    ご迷惑ならさしひかえます。
    もし、よろしければ返信お願いいたします。

    1. あこさん、はじめまして。
      お返事が遅くなってすみません。
      私の動画が受診のきっかけになったとのことでとてもうれしいです。

      ご相談の件ですが、こちらのブログのコメント欄で大丈夫です。
      具体的にはどういったことでしょうか?
      もし公開したくない内容でしたら、記入いただいたメールアドレスにご返信します。

      また、こちらの質問箱でも匿名のご質問を受け付けています。
      https://peing.net/ja/hiromiadhdasd?event=0

  3. 返信いただきありがとうございます。
    あきらめていたので、気づくのがおそくなりましたが、嬉しいです!
    同じように悩んでいる人に役立つかもと思い質問箱に書こうと思いましたが、説明が長くなりそうなので、またこちらに書かせていただきます。

    少しでも仕事に出られるようになりたくて、福祉の力を借りようと、障害者手帳を取得しました。
    ハロワの障害者枠へ登録しました。
    まだ就労に結び付いてはいませんが、
    もし、障害者枠で仕事についたら、2年毎に手帳を更新しなければならないのに更新し続けられるのか?
    更新したいがためにずーっと、何年も病院に通院しつづけられるのか?
    私のうつ病は軽い感じのものなので、治ったらどうするのか?
    自閉症スペクトラムの事だけで病院で治療受ける事を続けられるのか?

    医師の方からも無理に薬は出さなくていいという雰囲気です。
    今は不安が強いので、私からお願いして出してもらっています。
    でも薬は続けたくはありません。
    心理療法は以前受け、また希望すれば受けれますが、それも何年もやれる感じではありません。

    本来は、自閉症スペクトラムによるうつや不安を解決したくて病院に通っているし、いつかは病院から卒業したいはずなのに、障害者枠で仕事についたら、手帳を持ち続けないといけない。持ち続けるのが嫌なのではなくて、病気症状が多分割りと軽いと思うので、病院通っているのが不自然な感じになっていきそうなんです。

    なんだか、自分で書いていても意味分かりにくいですが、

    ひろみさんは、
    病院に定期的に通っていますか?どのくらいの頻度ですか?
    薬は飲んでいますか?
    手帳は更新しつづけますか?
    発達障害の他の病気(精神の)や、発達障害の二次障害はありますか?
    もし、発達障害以外の病気が無いとか、落ち着いているのだとしたら、病院にはどのような感じで診察受けていますか?
    ずっと通院しつづけますか?

    私は、自分をどこに位置付けして生きていけばいいのかまだわからなくて、不安な状態です。
    一応、専業主婦という肩書きはありますが、実質的には引きこもりです。
    引きこもりを悪いといいたいんじゃないんです。
    精神的に引きこもりでうつ状態です。
    夫に経済的にも精神的にも依存していて、自立していません。
    少しでもいいから、働ける自分にしておかないと、もし1人になったら、どうするんだ、という焦りを抱えたまま歳を取って来てしまいました。

    ひろみさんは、生きるための収入どうされていますか?

    夫にすごく感謝している反面、すごく申し訳ないし、自分を情けなく思います。

    子供のころからこの苦しみはあります。

    言いたい事がいっぱいある感じで、内容が分かりにくいと思います。

    決して興味本位とか、批判とかじゃないので、お答えいただける事がありましたら、お願いします。
    嫌な思いをさせる文面があったら、すみません。

    お返事は、特に人に見られてもいいのですが、長いので、メールの方へお願いできたらと思います。
    全く急いでいないので、ご都合のよろしいときにでもいただければありがたいです。長くてごちゃごちゃですみません。では。

    1. あこさん、遅くなってしまいすみません。
      もしかしたら、質問箱の方でも送っていただいていましたか?

      わたしは昨年まで月1~2回ほど通院していました。
      悩みの整理や解消のために、心理カウンセリングを受けるためです。
      薬は発達障害の診断を受けてから半年くらい試しましたが、副作用や費用の面など考えてやめました。

      今は必要になった時に行くと伝えて、定期的には通っていません。
      手帳は次の更新時に必要だと思えば更新しますが、まだ少し先なので決めていないです。
      時々うつ病になったり回復したりしますが、現在は特に二次障害はありません。

      収入は、昨年までは会社勤めをしていたので、そのお給料がありました。
      今は失業手当を受給しており、これから自分の仕事をつくっていこうとしています。

      素敵な旦那様がいらしてよかったですね。
      でも、自立したいとおっしゃる気持ちもよくわかります。

      今もいろいろなところでお仕事の情報を集めていらっしゃると思うのですが、
      興味を持てそうなことや楽しくできそうなことを試してみて、合うものを見つけるのが
      いいのではないかと思います。
      やってみてはじめてわかってくることも多いですので。

      それか、お金を稼ぐ仕事は仕事と割り切って、それ以外の時間に習い事や趣味を広げてみたり。
      そこからやりたいことが見えてきたら方向転換することもできますし。

      障害者枠で就職して、手帳を更新できなかったらどうしよう、というのはあまり心配しなくてもいいと思います。
      更新できなくても、仕事をしっかりしていれば一般枠で採用しなおしてくれる可能性はあります。
      その会社で継続できなくても働いた実績は残るので、それを持って次の場所を探すのは最初より楽に
      なっているはずです。

      引きこもりでうつ状態とのことですので、あちこち出かけるのはなかなか難しいかもしれませんよね。
      そういう場合でも、今は在宅でできる仕事や習い事もあるので、そこから始めてみるのは
      どうでしょう?

      1. ひろみさん、いろいろお忙しいのに、誠実にお返事いただき、本当にありがとうございます。
        繰り返し読んで、参考にさせていただきます。
        質問箱で質問したことはありませんが、まだ質問したいことはありますので、今度はそちらでさせていただきます。
        ご自分で仕事を作っていこうなんて、能力とやる気、すごいなー!と思います。
        応援しています。
        パートナーさんとも楽しく幸せにやっていけることを(YouTube見て私が一方的にお顔を存じているだけですが)ひそかに祈っています。
        では、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です