記事が書けないことを「アスペルガー症候群」のせいにして記事を書いてみる

曲を書けなくなったミュージシャンが

最後の最後にやる禁じ手。

それは曲が書けない苦しみを

そのまま歌にすること。

 

そこから生まれた名曲の一つが

スキマスイッチの「ボクノート」

ですよね。

 

その禁じ手をさっそく発動して、

今回は記事が書けないことを

「アスペルガー症候群」のせいにして

記事を書いてみます。

アスペルガー症候群があると記事を書きづらい5つの理由

わたしにはアスペルガー症候群(自閉症

スペクトラム)の性質がありまして、

時にそれが記事の執筆をむずかしくして

いると感じます。

 

「だからできないんだ!」と言い訳を

したいんじゃありません。

それがどう妨げになっているかを

分析すれば、対策を打つことも

できますよね。

 

そこで、アスペルガー症候群があると

記事を書くのがむずかしくなる

5つの理由と解決方法を考えてみます。

1.無限の可能性を前にすると脳が思考停止する

まず、ブログというのは何をどう

書こうとすべて自由です。

 

どんなテーマを選び、

何に注目し、

どんな切り口で、

どんな構成で、

どんな言い回しを使って書くか、

何も制限がありません。

 

アスペルガー症候群がある人の場合、

このように自由度が高くて、

無限の可能性を前にした状況では、

どこから手をつけたらよいか

わからなくなり、呆然として

脳が思考停止してしまいます。

 

そして手が止まったまま

時間だけが過ぎて行きます。

2.論理的な理由がないと納得できない

そのように書く内容や書き方が

無数にある状況では、何かしらの

選択基準をつくって、それをもとに

最善と思われるものを選んでいく

ことになります。

 

アスペルガー症候群があると、

まずその選択基準が妥当であるという

論理的な理由がないと納得できません。

 

さらに、その選択基準に沿って比較

した上で、その選択肢が一番いいと

わからなければ、決められません。

 

面倒な話ですね。

要は「適当に」選ぶというのが

できないのです。

3.正確で十分な情報を集めるまで書けない

あるテーマで記事を書くことに決めたと

しましょう。

次に書く内容やその構成を考えて

いきますよね。

 

そうすると、何かしら人に説明する

ために足りない情報が出てきます。

自分の中ではうろ覚えになっていて

確認を取る必要があったり、

どう説明すれば他の人に伝わるのか

わからなかったり、

といったことです。

 

それは自分の得意分野の話や

経験談であっても同じです。

 

アスペルガー症候群の人は、

正確であることにこだわりがあるので、

「これは必要な情報が集まらない」

「これはうまく説明できない」

というふうに埋まらない穴があると

書いては消し、書いては消しして

完成させられなくなります。

4.書くべき要素がありすぎて記事を構成できない

一つのテーマを選んでも、

それについて書くべきことがありすぎて

どう構成してよいのかわからなくなる

こともあります。

 

アスペルガー症候群の場合、すべての

要素が同じくらい大事に見えるので、

要点を抜き出してまとめることが

むずかしくなります。

 

たとえば、

「Aを言うためには、

まずBを説明する必要がある。

Bを説明するためには、

先にCに触れておく必要がある」

というように、説明することが

際限なくあるように思えてきます。

どこが省けるのわからないのです。

 

そうすると、書くべきことが多すぎて

どう組み立てればよいのか

わからなくなったり、

文章が長くなりすぎて全体として

調和がとれているのか

判断がつかなくなったりします。

5.目的や意味を見失ってしまう

どの情報も重要に思えて省くことが

できず詳細に書いていると、

当然、何が主要なことなのか

わからなくなってきます。

 

アスペルガー症候群の人は空気を

読めないとか、他人の気持ちが

わからないとかいわれますが、

そんなことはありません。

 

書いたものを読み返してみると、

「この記事を読むメリットや意味が

読者にあるのか?」

「おもしろくないのではないか?」

と自分でわかってしまいます。

 

そうすると、不完全なものや

むだなものがあるのは

我慢ならないので、

最初からやり直したくなるのです。

じゃあ結局、記事を書くにはどうすればいいの?

一般的なアドバイスには、

このようなものがありますよね。

・割り切る

・適当にやる

・まとめる

・取捨選択する

 

このようなアドバイスはもっともだと

頭ではわかりますが、

わたしはアスペルガー症候群が

あるので、実際どうすれば

そうできるのかよくわかりません。

 

そもそもそれがうまくできないから

「症候群」なんて名前を

つけられているんですから。

 

そんなわけで、現実的にできそうだと

思える解決策がこちらです。

1.それぞれのテーマについて

  書くべきことを思いつく

  かぎり書き出す

2.書き出したことを整理して

  並べる

3.細かく細かく分割する

4.分割した小さいテーマに

  ついて詳しく書いていく

5.目次となるような記事を

  作成して、各小テーマの

  関連性がわかるようにする

 

適当に行き当たりばったりで作っていく

というのがむずかしい人には、

このように詳細まで決めてしまう方が

書きやすいのです。

 

これが今のところ一番の解決策です。

「記事が書けないことを「アスペルガー症候群」のせいにして記事を書いてみる」への2件のフィードバック

  1. 自分はASD傾向がある男性ですが、まるで自分が書いたような「○○出来ない理由」で共感とともに心の中の覗かれたようなある種の恥ずかしさを覚えました。それぐらい思考パターンが酷似していたもので。

    AであるならB、BでないならA、のような極端な思考は正にASDの特徴かと思いますが、そういう人が少数派だからこそ長所にもなりえますよね。理屈ではわかっていてもそれをそのまま行動に移してさらに継続するのは難しいようですし、自分が納得したことなら(他者目線での)犠牲や苦労を厭わない姿勢は人からの信用を得られるのだと経験から実感しております。
    ADHDの性質である行動力や積極性を羨ましく感じることもありますが、きっと無いものねだりなのでしょうね。

    甚だおこがましい事とは承知の上で要望をひとつ、Twitterのnightモードのように背景とテキストの色を逆に出来たらもっと読みやすいなと思いました。

    1. ある面では短所に見えることも、別の面では長所になり得ますよね。

      画面の背景色に関してですが、現状ではご希望に沿うことがむずかしいです。
      テンプレートのデザインを使っており、自分で背景色を変える機能をつけるスキルがないためです。

      デザインの変更をする際は、読みやすい背景色も考慮したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です