1日1分、3ヶ月でやせる脳に変わる カードを見るだけダイエット講座⑥

Lets-try

カードづくりのポイントと落とし穴

 

1.最初のカードをつくってみよう

 

card-purpose

 

examples-purpose

 

最初に、あなたの「やせる目的」カードをつくってみましょう。

このカードはこれから自分の目的に立ち返るために何度も見返します。

上の表のテーマを参考に、あなたのやせる理由をできるだけたくさん書き出してみてください。

 

例えば、最初に「異性に好かれたい」という目的を思いついたとしましょう。

上の表にある他のテーマについて考えていくと、実は

「自分自身が魅力的だと思いたい」

「やせることばかりにとらわれて精神的に疲れることから解放されたい」

「ダイエット食品やエクササイズマシンにお金を使い続けるのをやめたい」

「病気のリスクを減らしてずっと健康に活動したい」

など、もっと多くの思いがあったことに気づくでしょう。

 

2.見るだけダイエットでつくるカードの例

 

cards-list

見るだけダイエットでつくるカードは一人ひとり違います。

それは人によってやせるために障害となっている考え方のクセが異なるからです。

日々書き留めた感情の記録から思考のクセを見つけ出し、どんな考え方にするとやせやすいのかを考えます。

そして、それらをカードにして、毎日見返します。

 

3.大事なポイント

tips-wording

 

カードをつくる時のポイントは使う言葉を変えること。

・二重否定を二重肯定に
「〜しなければ〜できない」→「〜すれば〜できる」

・具体的に、明確に
みんな→○○さん

・生産的に
「〜できない、なぜなら」→「どうしたら〜できるかな」

そして小さなことをいっぱい褒めることです。

 

そして、普段何気なく口を突いて出てくる言葉も同じように変えていきます。

なぜかというと、あなたの使う言葉があなたの思考をつくっているからです。

最初は自分の言っていることじゃないみたいで違和感を感じるかもしれません。

それが続けているうちにいつの間にか自分の言葉になっているのです。

あなたもぜひそれを体感してみてください。

 

4.落とし穴に注意

 

pitfall

 

見るだけダイエットを成功させるために大切なことは、思考のクセが変わるまでには時間がかかると知っていることです。

それを心に留めておかないと、

「毎日カードを見ても何も変わらない。ずっと違和感があるだけ。」

「変化を感じないからつまらない。」

と思って、効果が出る前にやめてしまいます。

 

まさにその変えるべき思考のクセによって、失敗してしまう。

だから、最初にその壁を乗り越えることが成功のカギとなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です