がんばり要らず!自然と運動を続けるために変えるべき持ちものとは?

check-belongings

ダイエットの後、一生体形を維持し続けるためには何が必要だと思いますか?無理な食事制限や運動によるダイエットはある程度の期間がんばれても、ずっと続けるとなるとつらくなったり面倒になったりしてしまいますよね。それよりも毎日必然的にやっている運動をやせる方法に変えるのが一番の近道です。
たとえば、そのうちの一つが歩き方を変えること。あなたも「ダイエットのためには背筋を伸ばして大股で速く歩くといい」と耳にしたことがあると思います。とはいえ、日々の生活の中で果たしてどれくらい実践できているでしょうか?
「ヒールの高い靴でおしゃれにスタイルよく見せたい」「仕事柄パンプスが欠かせない」という人も多いはず。でも、歩きづらくて歩幅が小さくなったり、猫背になったりしていませんか?悪い姿勢で歩き続けることは体形が崩れる原因になりますし、すぐに足が痛くなってエスカレーターやバスに頼っていると運動量も少なくなってしまいます。これは仕方のないこととあきらめていませんか?
運動靴を持ち歩いて、たくさん歩く時だけ履き替えるということもできますが、荷物が多くなってかさばるし重いので、なかなか続きません。かといって、家に帰ってから運動靴に履き替えてウォーキングに出掛けるにはもっと意志の力が必要です。
実は、ヒールのある靴でもちゃんと自分の足に合ったものを履くと、長い距離を歩いても全然疲れなくなるんです!私は何年も合わない靴に苦しんでいろいろ試しに試した結果、それを見つけました。もしあなたも同じように歩くたびつらい思いをしているなら、ぜひ知ってほしい!そして、今不満を感じていないあなたも、ジャストフィットの靴に出合ったら「今までの靴は何だったの?」と思うくらいに世界が変わるかもしれません。
そこで、今回はダイエットに効果てきめんのやせる歩き方を毎日実践するために、自分に合うパンプスを見つける方法をご紹介します。
LongStride

その靴、実は「合っている」と思い込んでるだけかも…

いつも靴売り場でどんなふうに靴を選んでいますか?気に入ったデザインのものを見つけたら自分に合いそうなサイズを試着し、ピッタリだと思ったら買う、そんな選び方が一般的かと思います。ところが、まさにそこが落とし穴!そもそも自分に合った靴を履いたことがないと、「合っている」感覚がわかりません。もしかしたら、間違った感覚のまま靴を選び続けているのかもしれません。
RightSize1

サイズの合った靴を履くとなぜダイエットにいいの?

合っている靴を履くと快適、歩くのが楽というだけではありません。ジャストサイズの靴は履いていることを忘れさせてくれます。大股でさっさと歩けますし、いくらでも歩き続けられるような気がしてきます。すると、いろいろなところに行ってみようという気持ちが湧いて、自然と行動的になり、ダイエットを意識しなくても知らず知らずのうちに運動してしまいます。
反対にブカブカの靴やきつい靴を履いていると、外反母趾や内反小趾、開帳足、ハンマートゥ、巻き爪、魚の目など足のトラブルを引き起こしてしまいます。そればかりか、靴に合わせて無理な姿勢で歩こうとするので姿勢が悪くなり、脚だけでなく腰や肩まで痛くなることもあります。それを続けていると、均整の取れていない筋肉のつき方になり、やがては骨格まで歪み、見た目が悪いだけでなく腰痛や肩こり、頭痛が慢性化してしまいます。
ダイエットの観点から見ても、悪い姿勢で歩いても代謝が上がりにくく、脂肪燃焼効果が発揮されません。また体に痛みがあると動くのが億劫になりますから、運動の機会そのものが少なくなりますよね。
Cantstand1

どうやって自分に合う靴のサイズを知るの?

ダイエットにぴったりの靴が欠かせないのはわかったけど、じゃあどうやってそれを見つければいいのでしょうか?足のサイズの測り方はインターネットで調べればわかりますので、自分で測ることもできます。ただ、自分で正確に測るのは難しいのでプロにお任せするのが確実。一番いいのは靴のオーダーメイドをしている専門店に行って測ってもらうことです。そういったお店では専用の器具を使い丁寧に測ってくれます。
でも、ただサイズを知りたいだけで買うつもりがないのに、測ってもらいにだけ行けませんよね。まず気軽に自分の足のサイズを知りたいのなら、3D計測器を置いているアシックスのお店で測ってもらうのがおすすめです。そう、あのリオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピックで日本代表選手団に公式ウェアやシューズを提供していたアシックス!

JpnUniform
(出典:www.fashion-press.com)

アシックスウォーキングのお店に行って店員さんにお願いすれば、誰でも測ってもらうことができます。測り方は簡単。初めに足にマーキングのシールを貼り、片足ずつ計測器の中に足を入れます。数十秒間じっと立っているだけで、ミリ単位の正確な数値を出してくれます。
ShoeCarte1
上の写真のように足の長さだけではなく足囲、かかと幅、甲の高さなどを細かく知ることができます。足のむくみがある人は時間によってサイズが変わるので、夕方に計測に行くのがベスト。無料で測ってもらえますが、ダイエットにも最適な歩きやすさを追求した靴が揃っていますので、必要になった時はぜひ候補に入れてあげてくださいね(笑)

自分の足のサイズがわかったら次はどうするの?

次はもちろん、正しいサイズの靴を持っていなければ新しいものを買いに行くわけですが…ここで注目してほしいのが、先ほどもらったレポートの「足囲」のところ。普段靴を買うときには足の長さを基準にして選びますよね?足の幅や厚みについては、「私は足が幅広だからゆったりめの靴じゃないとね」というくらいには気にする人もいるかと思いますが、正確なサイズを把握して選んでいる人は少ないのではないでしょうか。私も自分のサイズを知るまで足幅のサイズ(ワイズまたはウィズと呼びます)は普通がE、そこからEE、EEEと幅広になっていくという程度しか知りませんでした。実はこれA、B、C、D、E、EE、EEE、EEEE、Fというサイズ展開だということをご存じでしたか?そして幅広のワイズと同じようにAの下にはAA、AAAともっと幅の狭いワイズもあるんです!日本で売られている標準的な靴は大体ワイズEですが、日本よりも平均的に足幅が狭いヨーロッパではワイズCやDの靴も売っていたりします。下のJIS規格のサイズ表で同じ足長の段を見てみると、ワイズAとEでは24ミリの違いがあります。これではワイズAの人が一般的なワイズEの靴を履いても歩けないのは無理もないですよね。

WidthChart
(出典:一般社団法人 足と靴と健康協議会)

 

ワイズE~EEEの場合

このワイズは量販店やデパートの靴売り場でも手に入りやすいので、しっかり試し履きをして買えば自分に合った靴を見つけられるでしょう。ただ、それでも一度セミオーダーなどで自分の足に合った靴を作ってもらい、「ぴったり」の感覚を覚えてから自分で選ぶようにするのがオススメです。
マルイの「ラクチンきれいパンプス」やワコールの「サクセスウォーク」のように働く女性の歩きやすさを追求したラインもあるので、興味のある方はそちらも試してみてください。

選ぶ際のポイントは…
・長さはつま先が1.5cmくらい余り、靴の中で足の指がしっかり伸びるものを選ぶこと
・小指、親指、かかとなど強く当たって痛みを感じるところがないこと
・歩いた時に靴の中で足が動かず、しっかりとかかとに靴がついてくること
・履いているうちに伸びて足に馴染む素材であること(本革がおすすめ)
・後から伸びてくるため、最初は少しぴったり過ぎない?と感じる幅を選ぶこと(ただし食い込んだり痛みがあるようなものは合っていません)
・足を支える部分が多いほど安定する(サンダルよりパンプス、パンプスよりブーティ)
BlueMules1

ワイズC〜Dの場合

もしあなたのワイズがD以下だった場合、多くの人が靴を買う量販店やデパートの靴売り場ではぴったりのサイズの靴を取り扱っていない可能性が高いです。まず自分のサイズを扱っているお店を調べてから出向くのが良いでしょう。
お店を見つけるまでは手間かもしれませんが、それでも一度見つけてしまえばその後はダイエットしなくても自然と運動を続けられる生活が待っていることを考えると、埋め合わせて余りあるほどです。

【おすすめのお店】
DIANA(ダイアナ)
流行をとらえたおしゃれなデザインの靴が豊富にあるのが魅力です。割合は少ないですがワイズDの靴も扱っています。店舗も全国の主要都市にあります。
ヒールが高めの靴が多いのですが、足幅が狭い人は靴の中で足が前滑りして指が前の方に当たってしまい、魚の目や外反母趾などになりやすいので、避けた方がよいでしょう。
価格は1万円台から。

KIBERA(キビラ)
こちらでは3D測定器を用いて足のサイズを測定し、セミオーダーであなたに合わせた靴を作ってくれます。アシックスと同様に片足ずつ機械に入れてサイズを測りますが、測定項目が少なく精度もやや低い印象です。アシックスとは違い予約制で、基本的に靴を購入することが前提です。サイズが決まったら、靴の形やヒールの高さ、色を選んで終了。約1ヶ月で仕立ててくれます。
測定はしてもらえるのですが、サイズ展開が少なく幅はS、M、Lの三段階(SでワイズCくらいだそうです。LはワイズEEに設定されていると思われます)のため、幅狭さんや幅広さんは最も近いサイズで作ってもらっても結局合わないということもあります。ぴったりのサイズがある人には既成靴と変わらない手ごろな値段でオーダーできるのでオススメです。
価格は1万円前後。
ShoeCarte2

ワイズB以下の場合

普通のワイズEの靴で歩くと、靴が飛んで行ってしまう、「ガクッ」と足首をひねる、パンプスなのにサンダルのように引きずるなど、相当歩きづらいはず。歩くというより、足で靴を運んでいるような状態です。ダイエットどころか日常生活に支障があるでしょう。ですので、合う靴に変えるだけで運動効果はかなりの改善が期待できます。そしてそれは普通に生活しているだけで続きます。
残念ながら、このサイズの既成靴を置いているお店はほとんどありません。基本的にフルオーダーかセミオーダーで靴を作ることになります。フルオーダーはあなたの足に合わせて木型から作る方法です。値は張りますが、形、大きさ、デザイン、素材、全てにおいて理想的な靴を作ることができます。また一度作ってしまうとその木型に合わせて靴を作ってもらえ、合う靴を探し回る必要がなくなるので、長い目で見ると高くはないのかもしれません。セミオーダーでは用意された木型から自分に合うものを選び、その木型に合わせて革の種類や色などを選んで靴を作ってもらいます。フィット感はフルオーダーには適いませんが、比較的手の届きやすい価格で作ることができます。

【おすすめのお店】
カルツェリアHOSONO(ホソノ)
サイズ展開が豊富(AA~F)で、革の種類や色を数百のサンプルの中から選べます。プロが専用の道具でサイズを測り、合う木型を選んでくれます。サンプルの靴を履いて歩き、合うものを見立ててもらえます。
最初に履いた時は「こんなにきついのか!!」とびっくり。でも実際履いているとちょうど良くなってきます。やっぱり履いてみるまで何が合っているのか自分ではわからないのです!木型が決まったら最後に好きな革を選びます。ツートンカラーにしたりデザインを少し変えることもできますが、アレンジが増えるごとにお値段も上がります。1ヵ月ほど待って完成の連絡が来たら、靴を受け取りに行きます。試着して気になるところがあれば皮をのばしたりして調整してくれます。
もともとデザインの凝った靴が好きだった私は、飾りなしのプレーンなパンプスにそれまでの倍ほどのお金をかけることにためらいがありました。それが今では、つらい思いをして歩く毎日から解放されること、そして自然に運動できてダイエットしている意識もなくやせることのほうがずっと価値のあることだと思っています。この歩きやすさは一度味わったらやめられません!傷んできたら同じ木型で新しい靴を作ってもらい、何度もリピートしています。
価格は3万円前後から。
Cinderella
&STEADY(アンド・ステディ)
とにかく幅狭さんの悩みに特化していて、コミットが感じられます。
インターネットか電話で予約をしてサロンに行きます。今のところ店舗は東京のみのようです。初めにしっかりとカウンセリングを行い、足や靴の悩みを聞いてもらえます。そしてそれらをすべて解消できるように考えて靴を作ってくれます。カウンセリングが終わったら専用の道具で足を正確に計測し、合いそうな木型をいくつか提案してくれます。そしてサンプルの靴を履いて歩くところを入念に見て、合うものを選んでくれます。木型を選んだら次に革の種類や色を選びます。パンプスには必ず足の甲の位置に太めのストラップがつきます。これは靴を足に固定し歩きやすくするために欠かせないそうです。
アンド・ステディのいいところは、中敷きまで含めて作ってもらえるところです。これがあるとフィット感、安定感が格段に良くなります。また希望する人には有料でウォーキングレッスンやレッグトリートメント、外反母趾や巻き爪を改善するためのテーピング指導のサービスもあります。いたれりつくせりですね。
価格は4万円前後から。

銀座かねまつ
「miss SLENDER」というワイズBの既成靴ブランドを展開しています。ワイズBでデザイン重視、おしゃれな靴が大好きなあなたは迷わずここ!セミオーダーならデザインはシンプルなものになるかと思いますが、AAから対応しています。
オーダーの場合、価格は3万円前後。

Chochotte(ショショット)
近くに自分に合ったワイズの靴を取り扱うお店がない場合、インターネットで注文して買うこともできます。こちらのお店は幅狭さん専門で、AAAまで扱っています。同じ長さ・ワイズでも木型のタイプがいろいろあり、最適なものを選ぶための懇切丁寧なガイドがついています。何より女性の心をとらえるかわいいデザインが魅力。自分でサイズを測る必要があるため面倒くさがりさんとぶきっちょさんにはややハードルが高いですが、電話でお店の人に相談しながら決めることができます。また届いた靴がどうしても合わない場合は交換もできるそうです。ホームページに記載された注文受付期間にのみ注文が可能となっています。不定期ですが会場に出向いてサンプルを試着できるイベントを行っているので、近くで開催がある場合はそちらで合ったものを見つけるのが簡単ですね。一度自分に合った木型が見つかれば、後はネットで注文できるのでとっても便利。
価格は3万円台から。
ShoesShelf

合う靴を履くと人生が変わる!

私は就職活動でパンプスを履き始めてから、靴ずれや巻き爪、魚の目、足の疲れといったあらゆる痛みに悩んできました。痛みがひどい時にはまともに歩けず、あぶら汗をかきながら10分の道のりを1時間かけて歩くようなこともありました。これでは靴を履くのが憂うつで、運動もなにも外に出ることすら嫌になってしまいますよね。
ピッタリの靴に出合い、痛みから解放されてどんどん歩けるようになると、どこにでも行きたくなり、自然と運動が続けられて、ダイエット不要のやせやすい体になります。歩き方、姿勢、筋肉のつき方も変わるため、ただ細いだけではない美しさも手に入り、まさに人生が変わります。
もしまだ体験していないなら、あなたもぜひ一度試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です