【やせる豆知識】Day 24 夕食には何を食べたらいい?

seminar
まず、脂肪が少なくたんぱく質の豊富な食べもの、たとえば魚、卵、乳製品、豆類を取り入れましょう。
たんぱく質は腹持ちが良いだけでなく、消化してエネルギーに変え、利用するためにより多くのエネルギーが必要なため、やせやすくなります。
次に、食物繊維が豊富で炭水化物の少ない野菜。
満腹感を与え、脂肪がエネルギーとして使われるのを助けるほか、排泄も促します。
そして、炭水化物は精製された白米や小麦粉を使ったものではなく、なるべく玄米や全粒粉、豆などから摂るのが理想。
血糖値を緩やかに上げ、満腹感が持続します。
もう一つ、質のいい油脂を少量摂りましょう。
油脂は料理にコクやまろやかさを加えてくれるだけでなく、脂肪を燃焼させたり、満腹の信号を出すホルモンの生成にも必要です。
不足しがちなオメガ3系脂肪酸を豊富に含む青魚や鮭、くるみなどのナッツ、えごま油の他、アボカドやオリーブオイルも積極的に摂りたい食材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です