【やせる豆知識】Day 33 食物繊維を摂ってもお通じが良くない理由

seminar
便が硬かったり、コロコロしていたり、頑張らないと出てくれないなら、食物繊維不足が疑われます。
一日に必要な食物繊維の量は20~25g。
ほとんどの人はこの量を摂れていません。
一日分の野菜350gを食べても、食物繊維は8~10gほどしか含まれていないそうです。
ですから、野菜以外にも食物繊維の多い食材を意識して選ぶ必要があります。
食物繊維を意識して摂っているのに、余計に便秘がひどくなってしまうという人もいます。
それは、食物繊維には水溶性と不溶性があり、どちらかに偏ってしまっているから。
両方をバランスよく摂ることが大切です。
【水溶性食物繊維の主な働き】
・糖の吸収をゆるやかにし、血糖値の急上昇を抑える
・水分を吸収してかさが増し、排泄作用を高める
・善玉菌のえさとなり、腸内環境を整える
・老廃物を吸着して体外へ排出する
☆多く含む食べ物:
 海藻類、こんにゃく、里芋、山芋、ココア、ドライフルーツ、アボカド、ごぼう、オクラなど
【不溶性食物繊維の主な働き】
・腸のぜん動運動を促進する
・噛み応えがあり、噛むことで消化液の分泌が促され、内臓の負担が減る
・不要なコレステロールを体外に排出する
☆多く含む食べ物:
 穀類、豆類、おから、きのこ類、栗、かぼちゃ、切り干し大根など
お通じだけではなく、ダイエットや美肌、生活習慣病の予防にも効果的な食物繊維。
あわせて水分をたくさん摂ることもお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です