【やせる豆知識】Day 46 ダイエット脳に修正する6つの質問テクニック

seminar

前回まで2回にわたり、「ダイエットを邪魔する9つの思考グセ」をご紹介しました。
思い当たる自分自身の思考グセは書き出せましたか?

それでは次に、書き出した思考グセを掘り下げるための質問テクニックをご紹介します。

ダイエット脳に修正する6つの質問

1.この考え方が(部分的に)間違っているとしたら、その理由はなんだろう?

2.他の説明ができたり、別の視点から見られない?

3.この状況に対して一番現実的な対処法は何?

4.この考え方によってどんな影響がある?
もしこの考え方を変えたらどんな効果がある?

5.もし、親友や家族が私と同じような状況でこの考え方をしていたら、なんと言ってあげる?

6.じゃあ、私のすべきことは何?

では、これらの質問を実際の場面でどのように使えばいいのでしょうか?

 

6つの質問テクニックの使い方

たとえば今、「自分に質問するのは面倒だし、ダイエットには効果がなさそう。」と思っているとします。
その場合、たとえばこのように質問に答えていきます。

1.この考え方が間違ってるとしたら?
→質問に答えることは数分で済むから、思ってるほど面倒じゃないかも。

2.別の視点から見られない?
→今までのやり方でやせなかったんだから、
同じ方法でやり続けてやせるわけがないよな。
まだやってないことこそ試してみるべきね。

3.この状況に対して一番現実的な対処法は何?
→一度やってみてから効果を判断すればいい。

4.この考え方によってどんな影響がある?
→もしダイエットに効果がある方法だとしたら、大事なチャンスを逃すかもしれない。
そうしたら、現状と何も変わらない。

もしこの考え方を変えたらどんな効果がある?
→何も得られずムダになるかもしれないけど、新しい発見があるかもしれない。

5.もし、親友や家族が私と同じような状況でこの考え方をしていたら、なんと言ってあげる?
→何か減るわけでもないし、取りあえずやってみたら?

6.じゃあ、私のすべきことは何?
→よくわからないけど、ひとまずやってみる。

質問への答えを書いてみるとどうでしょう?
頭の中で考えていたより、多くの可能性が見えるようになりませんか?

そして、6つの質問への答えから得られた自分の新しい考え方を書き加えておきます。
たとえばこんなふうに。
「やせるためにできることは何でもやってみた方がいいし、やせたらきっと『手間を惜しまずに取り組んでよかった」と思うはず。」

一日一つの思考グセを見つけて修正する

これらの質問に答えていくことで自分のダイエットについて新しい捉え方ができるようになり、行きづまりを突破できるようになります。

一度書くだけでなく、毎日「ダイエットを邪魔する9つの思考グセ」を眺めて今日やっていた自分の思考グセを一つ書き出し、6つの質問に答えて行くと、徐々にクセが修正されます。

そして、思考パターンそのものがやせやすいものに変わるのです。

 

これはダイエット食品を買うより、ジムに入会するより、まず初めにやるべきです。

なぜなら、思考はすべての行動の根幹にあるからです。

 

6つの質問すべてがダイエットを邪魔する9つの思考グセを修正するのにピッタリ合うわけではありませんが、そのヒントにはなってくれます。

ダイエットを邪魔する考え方と質問テクニックを手帳やスマホにメモしておき、いつでもゆがんだ考えを見なおせるようにしておけば最強の相棒になってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です