刻々と移り変わる自分を書くことでつかまえよう

romi-radi

こんにちは、ひろみです。

今日は「刻々と移り変わる自分をつかまえる」というテーマでお話しします。

 

普通の人もある程度はそうかもしれませんが、わたしは特にADHDとASDをもっているので、 感情や思考の移り変わりが激しいと思っています。

何か一つのことをやってたら知らないうちに他のことをやりだしてて、また戻っても気づいたら他のことをやっていて、というように。

自分で意識しないうちに勝手にいろいろ思考が移り変わってしまうんですよね。

 

それをどうしたらいいかを今考えていて、最近は書くことをもっと増やしていこうとしています。

以前から結構書くことはやっていたんです。

10代の時は日記をつけていました。

毎日書かなくなってからも、モヤモヤすることやつらいこと、悲しいこと、ストレスがたまっている時やすごいうれしいことがあった時に書いていました。

記録するっていうよりは感情を吐き出して、整理して、これからどうするか考えたり、そういうために書いてました。

 

特にわたしは友達と毎日会うタイプではなく何ヶ月かに1回会うくらいなので、そうすると日々のそういう感情を受け止めてくれる人がいません。

いないのと、あとはそんなに出さないようにするということもあります。

なので自分の中でノートに書いて整理していました。

 

最近はそういう感情の整理だけじゃなくて、自分の人生の目的を日々確認するのがすごく大事だなと思っています。

人生の目的と言うとちょっと大げさかもしれませんが、何のために何をやる必要があって、その優先順位はどうで、ということです。

作業をやっていると、段々何のためにやっているのか忘れていってしまい、やる気がなくなることがありますよね。

全体の中で今どの位置にいるのかがわからなくなって、先がものすごく長く思えてしまうということも起こります。

そんなときに書いたり、前に書いたのを見直したりして、日々目的を意識していることが大切です。

それから、さきほどお話ししたように思考がすぐに飛んでしまうので、今何を考えているのかを自分で把握するためにも、作業の途中で書いていくのがいいのかなと思っていますね。

 

そしてもう一つは、アイデアの活用のため。

普段ふとした瞬間に、「これってこうしたらいいんじゃないか」といいアイデアが思いついたり、街中で見かけたものに対して「なんでこれってこうなんだろう?」と疑問が出てきたりしますよね。

そういうアイデアや疑問を書き留めてじっくり考えると、後々自分の人生をよくするためのヒントになることがあります。

人と話すときにもいい意見を提示できるようになる。

そういうことにつながってくるんですよね。

 

でもそんなふうにぱっと思いついたことは一瞬で逃げてしまいます。

数分後にはもう覚えていない。

だから、これからできるだけ逃さずにつかまえて、生かしていきたいと思っています。

そのためにも、これからできるだけすぐ書くことを習慣にしようと思っています。

 

今大きな結果を出している人の話を聞いても、やっぱり普通の人では考えられないくらいメモとったり、日記に書いたりして、何度も見返したり、思考を広げたり、整理したり、といった作業をしています。

「わたしも見習ってこれからやっていこう」と思う時に、完璧主義の人にありがちなのが今まで生きてきた数十年書いてこなかったことが悔やまれるということ。

これからはいろいろ気づいたことを書き留めようとしているけど、ということはこれまで書き留めてこなかったことは全部ムダになってしまったんだと思っちゃうんですよね。

でも、もう今まで通りすぎていったものはつかまえることができません。

将来また同じ後悔をしないために、ここから始めるしかないんですよね。

 

というわけで今日は「刻々と移り変わる自分をつかまえる」というテーマでお話ししました。

また次回も違うテーマでお話ししますので、ぜひ聴いてください。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です