Q&A 飲み会は嫌いですか?

romi-radi

こんにちは、ひろみです。

今日は飲み会についてお話しします。

 

 

Twitterで質問をいただきましたのでご紹介します。

 

私ははお酒が飲めないのですが、ひろみさんは飲めますか?

酔っ払いと飲み会が嫌いなのですが、ひろみさんはどうですか?

 

わたしはお酒をカクテル1杯くらいは飲めるんですが、特に好きではないです。

飲み会に行ってもお酒を頼まずにジュースやお茶を頼んだりしています。

わたしも飲み会はそんなに得意ではないんですけど、どんな人が集まる飲み会かによります。

 

たとえば、学生の時の飲み会はあまりよくわかりませんでした。

みんなで集まって交流するという趣旨はわかるし、参加するのがいやっていうわけでもありません。

質問してくださった方も酔っ払いの人の対応がわからなくて困るのかなと思うんですけど、わたしも「バカ話」みたいなのができないんですよね。

だから、みんなとコミュニケーションをとりたいという気持ちはなくはないんですけど、バカ話をする時間がムダだな、帰りたいなと思ってしまいます。

ただ、そういう話をする中で打ち解けて、将来の話をしたり、最近悩んでることの話をしたりして、コミュニケーションをとって関係を深めていくのが大事なんだということは理解していました。

 

飲んで盛り上がってる人の中に入らなきゃいけないのはつらい。

でも、そういう人ばっかりじゃなくて、端っこで静かに話したい人もいるじゃないですか。

なので、そういう人とうまく話せればそんなに苦痛ではなかったです。

 

あと、会社に入ってからの飲み会もまあ嫌いと言えば嫌いでしたけど、できる先輩の話を聞けるのはよかったですね。

いつも同じ上司の昔話や会社のグチ、うわさ話なんかはあまり好きではありませんでした。

年下のやつがお酒を注文しろ、お酌しろ、サラダを取り分けろという文化はいやですね。

 

そうした経験によって、社会のルールや振る舞い方を多少は学べたかもしれませんが、やっぱりあまり好きではないです。

すごい稼いでる人や地位のある人でも、自分から「みんな気を使わずに各自で取り分けよう」と言ってくれるような人の方が素敵だなと思います。

 

社会人なってから起業塾に行っていたことがあるのですが、そこでの飲み会は楽しかったですね。

起業しようとする人は自分で何かを作りだそう、何かに挑戦しよう、努力して困難を乗り越えようとしている人が多いです。

なので前向きな話が多いです。

毎回同じ昔話の繰り返しの会社の飲み会とは違って、起業している人やこれからしようとしている人は1ヶ月ごとに会ってもすごく進歩しています。

これからこうして行きたいという夢やビジョン、目標がはっきりしていて、今こういう課題がある、といった建設的な話ができるんです。

そういう前向きな人たちの集まりは同じ飲み会でも全然違って楽しかったですね。

 

事業を作ろうとしている人は、他の人の役に立とうと思っているので、飲み会の席でもすごく配慮ができます。

みんな居心地がいい環境つくれる。

そういった意味でも飲み会は楽しかったです。

 

一般的な話をすると、発達障害を持っている人は飲み会に出ると疲れやすいのではないかなと思います。

ADHDを持っている人の場合、飲み会ではいろんな人が右でも左でも前でもしゃべっていて、全部の話が一緒に耳に入ってきちゃうので、聞き分けるのがむずかしくて疲れてしまう。

注意を向けるべき人の話に集中できなくて理解できないので疲れてしまうというのもありますよね。

 

自閉症スペクトラムを持っている人の場合はそもそもコミュニケーションをとるのがあまり得意じゃないことが多いです。

感覚過敏があるとうるさい環境で疲れてしまう。

状況から察して飲みものを注いだり、メニューを差しだしたりしなきゃいけないのも疲れちゃいますよね。

自分が今どういう役割を担えばいいかわからないということがストレスになるので。

 

だから、あまりにもストレスがあるようなら、ムリして飲み会に出ることはないのかなと思います。

何回か経験のために参加するっていうのはいいことですけど。

でも会社などで飲み会に出るのは強制という雰囲気があるのはよくない。

そういう飲み会ハラスメントがなく、楽しめる人だけが参加して、自分の好きなように楽しめる雰囲気になればいいですよね。

 

というわけで、今日は飲み会についてお話ししました。

また別のテーマで次回もお話ししますので、ぜひ聴いてください。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です