ペルー・プーノ 街よりも美しいドライブウェイを中心に写真で紹介

puno-3

プーノはチチカカ湖のほとりにある街で、チチカカ湖観光の拠点の一つとなっています。

チチカカ湖は世界で最も高いところにある湖として有名です。

葦でできた人口の浮島に暮らす人々でも知られています。

プーノにも原住民が多く暮らしており、街を歩いているとよく出会います。

 

チチカカ湖観光の拠点プーノの街

 

プーノの街自体には観光スポットはあまりなく、クスコやアレキパよりも庶民的なペルー人の生活の様子を垣間見られる場所です。

年に一度のカンデラリア祭りの様子は国中にテレビ放送されるほど有名です。

 

プーノ大聖堂。

大聖堂前の階段やアルマス広場には街の人々が集い、交流しています。

puno-3

 

puno-1

 

街には大学があり、街の中心部では学生たちが集まっているのをよく見かけます。

先住民の女性も歩いていますね。

puno-4

 

市場はコンパクトで、個人が小さなブースを借りて野菜や果物などのお店を開いているようです。

puno-5

 

puno-6

 

「この家は売り出し中ではありません」

ジョークなのか、まじめなのか。

puno-2

 

街よりも美しいドライブウェイ

 

街よりも感動したのはクスコ~プーノ、プーノ~アレキパのバス旅です。

どちらも6~7時間の長旅ですが、景色がとにかくすばらしいのです。

360度の平原、遠くの山々、時々出現するアルパカやビクーニャ。

写真では一部しか見えず伝わりきらないのが残念です。

 

puno-18

 

puno-17

 

puno-16

 

puno-15

 

puno-14

 

puno-13

 

puno-12

 

よく見るとアルパカがたくさんいます。

puno-11

 

アルパカの大群。

puno-10

 

puno-9

 

puno-8

 

puno-7

 

よく見るとビクーニャがいるんですよ。

puno-22

 

ここにもビクーニャがいっぱいいるんです、実は。

puno-21

 

puno-20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です