スペイン語を安く短期で習得したいならグアテマラでマンツーマンがおすすめ!

spanish-teacher

世界一周の予定を立てるときに、中南米を旅行する前に現地の学校でスペイン語を習得してから行く人がいるって話を聞いたんです。

それまでスペイン語を勉強しようと思ったことはなかったんですけど、確かに広い地域で使われている言葉だし、話せるようになってから旅した方がおもしろいですよね。

 

そこで調べてみると、国や学校をうまく選べば、イメージしていたよりずっと安い価格で内容の濃いレッスンが受けられるんです。

「これは行くしかない!」とすぐに申込みして、1ヶ月間ホームステイでマンツーマンレッスンを受講。

基本的なことは話せるようになったので、その後の中南米旅行ではスペイン語のツアーに参加したり、現地の人と交流したりできましたよ。

 

そこで今回はグアテマラでのスペイン語留学の魅力をご紹介します。

 

スペイン語を安く短期で習得したいならグアテマラでマンツーマンがおすすめ!

物価が安いのでマンツーマンレッスンが安い

まず何といっても、グアテマラのスペイン語学校の費用は安いです。

中南米のメキシコ、エクアドル、ペルーなどでスペイン語学校の費用を比較してみましたが、グアテマラの安さは圧倒的でした。

 

わたしが通ったアンティグアの学校では、1日4時間×週5日のコースで90米ドル(現在の為替レートで約1万円)。

1時間当たりなんと500円、1ヶ月通っても約4万円です。

しかも、みっちりマンツーマンレッスン。

 

グアテマラ人の家庭にホームステイしていたのですが、そちらは1週間65米ドル(約7,000円)。

1日あたり1,000円、1ヶ月の滞在で約3万円です。

その上1日3食付なので、それ以外の生活費がほとんどかかりません。

 

つまり、学費と生活費を合わせて約7万円。

日本で普通に生活するより安い(笑) 。

 

マンツーマンで語学を学ぼうと思うと数十万円はかかるイメージでしたが、これくらいなら気軽に挑戦できますよね。

 

spanish-teacher

 

スペイン語の環境にどっぷり浸かれる

これはグアテマラ以外のスペイン語圏の国でもそうなのですが、まったく英語を話さない人が多いです。

もちろん日本語を話す人なんてもっと少ないです。

スペイン語しか通じないので、生活する上で話さざるを得ないんです。

そういう環境に身をおくと、言葉を覚えて話すモチベーションが格段に上がります。

また、スペイン語に触れる時間が長いので、日本で学ぶよりも圧倒的に早く習得することができます。

 

まったくの初心者でも安心

スペイン語の環境にどっぷり浸かるといっても、まったく言葉が通じないのでは初心者には厳しいですよね。

グアテマラには各国から留学生が集まり、日本人も多いので日本語で対応してもらえる学校もあります。

 

わたしが通っていた学校は、先生は全員グアテマラ人でしたが、校長先生が日本人で生徒にも日本人が多く、受け入れ体制が万全でした。

英語の “Hello” に当たるスペイン語の “Hola” すらも言えなかったわたしですが、問題なくホームステイ先を選び、授業を受けはじめることができました。

先生たちも日本人に教え慣れているので、効果的な方法でレッスンをしてくれました。

 

周辺には見どころも満載

グアテマラには見どころもたくさんあります。

私が滞在したアンティグアは街そのものが世界遺産。

1ヶ月の滞在でも見切れないほどの歴史的、文化的に価値のあるスポットが数多くありました。

そんな美しい街に滞在できるだけでも気分が上がります。

 

edificio-12

 

他にも古代マヤの重要な遺跡であるティカルや、先住民の集落が周辺に点在するアティトラン湖、水棚で有名なセムックチャンペイなど、授業のない日に訪れたい観光スポットが満載です。

 

lago-atitlan

 

semuc-champey

 

スペイン語は本場で勉強したほうがいい?

せっかくスペイン語を学ぶなら、本場のスペインで学びたいと思う人もいますよね。

スペイン自体に興味があるとか、スペインでしか学べないものを同時に学びたいのなら別ですが、スペイン語を学ぶだけなら他の国でも大差ないというのがわたしの実感です。

 

中南米を旅してみると、それぞれの国で独自のスペイン語が発達しているということがわかります。

同じことを表すのに違う単語を使ったり、発音やイントネーションも違ったりします。

ですが、お互いコミュニケーションを取るのには問題ありません。

今やもう正統なスペイン語なんて存在しないんですよね。

ちなみにその後スペインに行きましたが、ちゃんと通じましたよ。

 

スペイン語を話せると中南米の旅は何倍も楽しい

中南米ではほとんど英語が通じないところが多いので、スペイン語を少ししゃべれるだけで、地元の人がよろこんでくれます。

ヨーロッパの人は話せる人も多いのですが、アジア人ではとても少ないのです。

だからこそ、スペイン語で話しかけると驚かれて親しみを持ってもらえます。

地元の人と交流できると、ただの観光とは違い多様な価値観や考え方を知ることができ、旅がより深い体験になること間違いなし。

 

安く短期でスペイン語を学びたい人はぜひグアテマラでのスペイン語留学を検討してみてくださいね。

「スペイン語を安く短期で習得したいならグアテマラでマンツーマンがおすすめ!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です