なぜ「世界一周」するのか?1年間で35ヶ国を旅した経験者が語る(前編)

purposes

世界一周の旅をしてみたいと思ったことはありますか?

 

旅行や海外に興味のある人なら、世界中の国々を訪れて

美しい景色に感動したり、珍しいものに驚いたり、

現地の人々との交流を楽しんでみたいという気持ちに

共感を覚えるのではないでしょうか。

 

でも、それって一気にやる必要あるの?

時々日常を離れて非日常を味わうから楽しいんじゃないの?

 

というわけで、今回は世界一周の旅をする理由について

掘り下げてみようと思います。

 

海外へ旅行に行く目的とは?

海外に行く目的は人それぞれですが、私が世界一周の旅で

やりたかったことは以下のようなことです。

1.日本にはない美しい自然の景色や街並みを見てみたい

世界の絶景スポットや美しい街を紹介した本や

テレビ番組を見るたび、これをその場所に行って眺めてみたい、

実際に歩いて感じてみたいと思っていました。

一週間ほどの単発旅行を数回してからは、それがどんなに

楽しくて素晴らしいものか身をもって知り、もっと行きたい

という思いは一層強くなりました。

2.世界の現実を自分の目で確かめたい

日々のニュースで海外の出来事や日本と他国のかかわりについて

目にしたり、知り合いから話を聞いたりすることがありますよね。

 

そうした世界についての知識は頭の中にはあるけれど、

実際に現地へ行って見たことはない。

そういう状態がすごくいやで、いいことも悪いことも含め、

自分の目でしっかり確かめてみたいと思いました。

 

学生時代に海外留学をして他の国の文化に触れる機会がありましたし、

その延長で大学では国際関係学という分野を専攻していたので、

世界の国々の政治・経済や文化、歴史、国際社会の仕組みなどに

興味を持っていたことも、そう思う理由になっているかもしれません。

3.世界の人々の多様な考え方や生活様式、文化に触れて価値観を豊かにしたい

日本とは違う仕組みで動いている国に住み、日本人にはない

ものの考え方をし、日本では起こりえないような出来事を

経験してきている海外の人々。

そんな彼らと話すことは、好奇心を満たしてくれる

楽しい経験ですよね。

 

同時に、そうした交流は自分の視野を広げてくれ、

様々な背景を持つ人々のことを理解する助けになったり、

自分の生き方を見つめ直すきっかけをくれたりします。

 

私は世界一周の旅に出る前から、外国に長期滞在した時に

出会った人々や、日本に滞在している海外出身の人々との交流を

積極的に持っていました。

もうやみつきになっていたのでしょうね。

4.海外を難なく旅できる自分になりたい

これまでの海外経験が少ない人は特に、海外で通用する自分に

成長したいという思いがあるのではないでしょうか。

 

海外では日本にいたら想像できないようなことがいろいろと

起こります。

言語や文化的な背景の違いによって、相手のことを理解でき

なかったり、意思を伝えるのに苦労したりします。

バスのチケットを取って移動し、宿を取って滞在するという

簡単そうなことが、トラブルに次ぐトラブルで思い通りに

行かなかったりします。

ぼったくりやひったくりに遭うこともあるでしょう。

 

そんな苦労を買ってでも経験し、自分を成長させたい。

笑って語れる持ちネタをつくりたい。

 

海外旅行や留学をしたことはあった私ですが、それらは

先進国だったり、途上国でもパッケージツアーだったりと

ごく限られたものでした。

そのため、どんな場所に行っても対応できる力、もっと言えば

現地の人の中に入っていけるくらいの人間的な魅力。

それを得たいという思いもありました。

人それぞれの目的

本の出版やウェブでの発信をしている旅人の中には、

私のような一般的な目的とは違う志向を持った方々もいるようです。

・起業するために世界の起業家たちに話を聞きに行く

・海外で活躍する日本人にインタビューして記事を書きたい

・誰も撮ったことのない斬新な映像を撮りたい

・自作の品を売って恵まれない人々に寄付したい

・自分のスキルで世界の人々を幸せにできるか腕試しをしたい

 

人それぞれ目的は違えど、新しいものに触れたい、

自分の可能性を広げたいといった本質は共通しているようですね。

なぜ「世界一周」する必要があるのか?

短期間の旅行を繰り返すのではなく、あえて「世界一周」をする

理由は何なのか?

このお題については、「なぜ「世界一周」するのか?

1年間で35ヶ国を旅した経験者が語る(後編)」

で書いていきます。

 

「なぜ「世界一周」するのか?1年間で35ヶ国を旅した経験者が語る(前編)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です