なぜ「世界一周」するのか?1年間で35ヶ国を旅した経験者が語る(後編)

「なぜ「世界一周」するのか?1年間で35ヶ国を旅した

経験者が語る(前編)」にて、

海外へ旅をする理由について書きました。

 

海外へ行くことにはたしかに楽しみやメリットが

たくさんあります。

だけど、普段は仕事や勉強をがんばっている分、

その息抜きとして数日間日常を離れて海外に行くから、

新鮮味があって楽しいんじゃないの?

なぜ「世界一周の旅」をするの?

という問いに今回答えていきましょう。

まず、なぜ「世界一周」に行かないのか?

世界中を旅してみたいという夢を持っている人は多いですよね。

でも、すぐに行く人は少ない。

 

私も世界中を旅したいと思い始めてから

すぐには実行しませんでした。

十代の頃に世界や海外に関心を持つようになって、

行ってみたい場所がどんどん増えていきました。

ですが、一年に及ぶ世界一周の旅に出たのは、

30代になってからです。

 

旅に出なかった理由はほとんどの人と共通している部分が

あると思いますので、見ていきましょう。

1.今やるべきことが他にあるから

自分の人生の中での優先順位を考えた時、

やりたいことを先にやって時間とお金を浪費するよりも、

まず学業を修める、

希望の仕事につく、

仕事に関する知識や技術をつけて稼げるようになる。

そういったことの方が重要だと思っていました。

 

そして、社会の仕組みがわかってくると、会社員として

給料をもらって消費することを繰り返す生活では、

一生働き続けないと生きていけないと学ぶことになります。

 

それからは、より一層自分の事業を早く立ち上げることに集中し、

収益が十分に上がるようになってから好きなことをしようと

考えるようになりました。

 

自分の事業から収入がある状態ではないのに、やりたいことに

時間とお金を浪費するなんてバカげたことだ、

くらいに思っていました。

2.旅行に使えるお金がないから

やるべきことの優先順位と重なるところもありますが、

お金はなるべく浪費せず、投資に回すのが良いと思っていました。

収入を増やすために本や学びの機会などの自分への投資に使うか、

将来事業を立ち上げたり大きくするために使う。

あるいは、老後の生活のためにできるだけ取っておかなければと

思っていたので、世界一周しようという発想にはなりませんでした。

3.「今」世界一周すべき理由がないから

死ぬまでに絶対やりたいことは何かと聞かれたら、

その中に「世界中を旅すること」は入っていました。

ただ、余命宣告を受けたのでもない限り、

「今」敢えてそこに時間とお金を注ぐ理由はない。

死ぬまでにはやりたいけど、それは今ではない。

そう思っていました。

じゃあ、なぜ「世界一周」するのか?

では改めて、「世界一周」をした理由を見ていきましょう。

十代の若さゆえの勢いで行かなかったら、その後はやはり

何らかのきっかけと十分な理由づけが必要になってくるんですね。

1.コスト的な理由

まずこれは間違いなくあります。

数日間で一、二ヶ国を回るような旅行を何十回も繰り返すと、

その度に往復の長距離移動をすることになり、

金銭的、時間的、体力的コストが高くなります。

それに毎回荷造りなどの準備をする手間も発生します。

 

世界中の行きたい場所をいっぺんに回れば、

毎回の移動費や時間は比較的少なくて済みます。

また、移動疲れや時差ボケも少ないので、元気に動き回れる

というメリットもあります。

 

そして、旅慣れてくるとスケジューリングや予算管理、

行き先やルート決めも短時間で楽にできるようになります。

2.若いほどいいから

あなたが今何歳であろうと、これからの人生の中で

一番若いのは今です。

 

若ければ若いほど、体力があり活動範囲が広がります。

今なら、

「あの山の頂上から見える景色を見てみたい」

と思えるかもしれませんが、10年後には

「頂上まで登るのは無理だ。遠くからあの山を眺めれば十分だ」

と思うようになっているかもしれません。

 

それが悪いというわけではありませんが、

若いうちにしか行けない場所や年を取ってから行くのは

しんどい場所はあります。

 

そして、若い時の方が感受性が強く、より多くのものごとに

感動することができます。

その後の人生を大きく変えるような出来事に

遭遇するかもしれません。

 

一方、一般的に人間は年を重ねると自分の価値観が

確立してくるので、その価値観でものごとを判断するように

なっていきます。

そのため、若い時のように柔軟に受け止めて変化することが

難しくなります。

つまり、同じ出来事を経験するのでも、若い時なら大きな影響を

受けられたはずなのに、年を重ねてからでは何も学ばずに

流れていってしまうこともあるのです。

 

また、旅に出てから気づいた若いことのメリットもあります。

若い方が現地の人から助けてもらえることが多いです。

どこの国でも若年者を助けてあげたいと思うのは同じ。

まあ、おじいちゃん、おばあちゃんになった時には、

別の意味で助けてもらえるかもしれません。

 

若い人の方が相手も気軽に話しかけやすいし、

興味を持ってくれるので、現地の人と交流しやすいことも

利点ではあります。

3.経験値を一気に上げるため

世界中を旅することは楽しみでもありますが、他の多くの人が

知らない世界を体験し知見を広げたり、自文化と異なる文化を

理解して受け入れる資質を養ったり、数々の困難を克服して

人間性を磨く経験でもあります。

それはのちの人生で生かせる無形の財産です。

 

もちろん、何歳になっても経験から学び、それを生かすことは

できますし、学び続けることは大事なことです。

ただ、できるだけ早いうちに一気に経験を積めば、

後からその経験を生かして活躍できる時間がたっぷりあり、

人生をより豊かにしてくれます。

4.夢を実現する自分でいるため

同じ夢をずっと持ち続けているということは、その間ずっと

それを実現していないということです。

一歩一歩着実に近づいているのなら、希望にあふれているでしょう。

 

しかし、いつまでも後回しにしているだけだと、

「やりたいことを実現できない自分」というセルフイメージが

定着してしまいます。

そうすると、自分に自信がなくなり、希望を持てず、

生きる意味さえ分からなくなってくることがあります。

 

私の場合、それなりに理由はあったにせよ、

やりたいことの多くを10~20年もずっとほったらかして

実現していないことに気づいた時には、驚きを通り越して

恐怖を覚えました。

 

夢を実現できる自分でいるために、

世界一周を実行しなければならないと思いました。

5.いつ死んでも悔いのないように

これは世界一周をしない理由に書いたことと矛盾するようですが、

その間には変化がありました。

 

仕事の面で行き詰り、精神のバランスを崩した時に、

何を目標に生きていけばいいのかわからなくなりました。

何もやる気が湧いてこなくて、とにかくつらいのです。

 

ただ一つやりたいと思えたのが、世界を旅することでした。

それ以外に自分を動かせるものが何もなかった。

どうせ死ぬのなら、やりたいことをやってから死のう。

後先のことはその時が来たら考えよう。

そう決めると、みるみるやる気が湧いてきて、

追手から逃げるように一気に準備をして飛び立ちました。

あなたは世界一周したいですか?

あなたにはあなたの人生の中での優先順位やタイミングが

あるはずです。

世界一周の旅に出るか否か。

本記事がその選択の参考になればうれしいです。

「なぜ「世界一周」するのか?1年間で35ヶ国を旅した経験者が語る(後編)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です