発達障害に関するYoutubeチャンネルを紹介

youtube-channel

私は世に言う発達障害を持っています。

周りの多くの人たちとは違うこの性質によって引き起こされる

困難やつらさ。

それが、「いやなことをしない生き方をしたい」という

思いを持つことに少なからず寄与していると思うわけです。

 

発達障害に関する説明などはまた別の記事に譲るとして、

今回は私が運営している「ひろみADHD&ASD」という

発達障害に関するYoutubeチャンネルを紹介します。

 

Youtubeチャンネル「ひろみADHD&ASD」とは

チャンネル名が表す通り、私は発達障害の中でも

ADHD(注意欠陥多動性障害)とASD(自閉症スペクトラム障害)

を持っています。

 

このチャンネルで初めて動画を公開したのは、

本記事の執筆時点から約2年前の2016年12月。

 

当時は発達障害の診断を受けてから一年半ほど。

発達障害に関する本を何十冊も読み、投薬を受け、

症状を改善するための「トレーニング」なるものを試し、

発達障害者の集まる交流会に参加し・・・

 

といろいろ手を尽くし、何とか人並みに仕事ができるように

なりたいと奮闘していました。

しかし、やはり大した成果もなく精神的・肉体的なつらさは

解消しなかったのです。

 

私が診断を受けた当時は今のように発達障害というものが

広く知られておらず、本やウェブ上の情報もそれほど

充実していませんでした。

そこで、海外で出版された本も取り寄せて読んでいました。

 

その中で紹介されていたのが、発達障害者がYoutube上で

公開している動画でした。

早速見てみると、そこには医師などの専門家による解説とは違い、

素人の発達障害者が自身の特徴や社会の中で感じる違和感、

生きづらさなどを語った動画がたくさん投稿されていました。

 

遠くの国の会ったこともない誰かなのに、自分とそっくり。

似たような苦しみを抱えている。

仲間がいた!

そんな気持ちになり、感無量でした。

 

これを日本語でも提供したい。

そんな想いでYoutubeチャンネルを開設しました。

 

基本は一発撮りのノー編集。

字幕をつけたり、サムネイル画像を加工したりしたことも

ありますが、面倒くさがりの私には続けられません。

 

それでも、共感した、役に立ったというコメントをいただける

こともあり、やってよかったなあと思います。

 

また、昔の動画でもずっと後になって再生され、観る人に影響を

与えつづけているというのはすごいことだと、最近になって

インターネットやYoutubeの威力を実感しています。

 

昨年、世界一周の旅に出てからは、旅の中で出会った人々や

見聞きしたこと、感じたことなども話していました。

 

これから本ブログでも各動画の紹介をしていこうと思います。

気になった方は、「ひろみADHD&ASD」をぜひチェック

してみてくださいね。